FC2ミニブログPIYO

  • 2017.7
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
言葉は姿を変え独り歩きし、文字は心に刺さり続ける。
悪い状況に陥ると、我慢、信頼という根拠で、ただ状況改善を期待してしまい、さらに状況を悪化させる。
成功するという確信がない場合ほど、成功のための努力を重ねて、成功を手にする。
手元の最新情報に頼りすぎていると、咄嗟の判断が著しく遅れてしまう。
旗色が悪い相手を批判的に叩くことは差別的と見なされないことが多い。
水を与え過ぎると根から腐る。
先人の言うことに耳を貸さなかった者ほど、後輩には説教じみた文言を聞かせようとする。
いい酒は人を前向きにさせ、悪い酒は人を振り返らせる。
ネガティブな思いはポジティブな思い以上に共有してもらいたくなる。
世界に目を向けているつもりでも、身の回りに気を配れない者が多い。
瞬間的な閃きを得るには永続的な思考が必要。
出すものではなく、出るもの。
問題ない日常を構築していることほど評価されにくい。
苦手なことをアピールする人ほど、それを克服する努力を怠る人。
解決を急ぐと感情に流される。

Sugi440

プロフィール画像を表示
心に閃く感性の語録。作品の趣旨、主旨、そして種子として。
rss

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード