FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
また休みがきた…。
どうしようもない人間ばっかり。あたしもな。
やっと休みが終わる。
いい天気だ。太陽が、ありがたい。こんな日はあまり人生の終え方について考えなくて済む。生きているのは満更でもない。そんなふうに思えてしまうから、不思議だ。
休み、嫌い。
あたしが生涯心を開くのは、ただひとりだけだ。あたしの正体を見破った女。頭のいい、強かで、冷たい、でも芯のあるかっこいい女だったなぁ。今、どうしてるだろうか。そもそも、生きてるのか。
全部、うそだよ。全部、演技だよ。気付かないんだから、それはうそにはならないんじゃない?
「友達だよね?」って聞かれて、え、って答えた。小学生の時。そのあと、すごくめんどうだった。それを思い出すだけで、ぞっとする。
そんなこと思ってるあたしを誰も知らない。でも知って欲しいとも思わない。
めんどくさい。わずらわしい。誰も話しかけないで欲しい。ほんとは。
ひとりでいるのが好き。ごはんも出来ればひとりで食べたい。でも、しない。職場では昼休みの食事も仕事の延長だから。そのくらいには、大人になった。
仕事した。帰宅した。寒いけど、冬の寒さとは違う。ありがたい。寒いのは嫌い。どこかの家から漂う夕食の支度の匂いに、悲しくなるから。
当たり前に、当たり前のように太陽の下を歩く日がくるとは昔は想像もしなかった。今は、太陽が、ありがたい。
休みが終わる。ほっとする。仕事をしていないあたしは生きてないみたいだから。
piyoに登録しました。宜しくお願いします。

rei95111

プロフィール画像を表示
ネガティブなことしか吐き出しません。ごめんね。吐かないと、ダメだって言われたから、ここで。
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード