FC2ミニブログPIYO

  • 2017.6
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
立ち止まるべき問題提起の前で、ブレーキをかけることなく全力で素通りし、自分を成長させる未知なる学習機会を放棄し、同じ行為の反復から生じる結果を加算し続ける。

効率と速さを追求し、反復行為を繰り返す商業主義的思考と未知なる領域へと足を踏み入れ、打算とは無関係に真理の一端を追いかけ、世界を覆う朧げなる作用の全貌を掴み取ろうとする学術的探究心は、火と水のように相容れない。

尻に火を焚きつけられたように忙しく動き回る現代社会の人々の前で、真理は唯一、時の喪失と共に、存在の不在、無という形で、その人に寄り添う。

コメント欄を閉じる

FH

プロフィール画像を表示
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード