FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
文化社会学の以上の如き矛盾を解くには、文化社会学は
イデオロギー論となる外に途を有たないのである。
そしてそれは(マルクス主義的)イデオロギー論の外にはないのであった。
http://www.supergrace-mc.net/
尤も、神学とは歴史的に与えられた特殊の体験――信仰という――を
解明又は基礎づけ又は擁護する学問なのだから、単なる形而上学とは根本的に別である、
と云うかも知れないが、併し形而上学こそ、歴史的に与えられた特殊の体験の、
http://kerakera.net/
「ただ精神的労作の名声と通用だけがみずからの社会学を持つ、
或る労作の意味内容と価値内容は社会学を持つことが出来ない。」
彼によれば、階級的科学という問題は、論理の問題ではなくして、
http://www.erosma.jp/
人間的思惟の内部的な構造は人間の実際的な社会生活
――それが原始的には宗教的なのであるが――によって組み立てられ、
そこから人間的思惟の発展が始まるのである、と説かれる。
http://www.girlsbar-berryhome.com/recruit/index.html
思惟は自己のこの相対化によって、存在との連関を避けることが出来ない。
処でもしそうとすれば次に思惟は、思想は、特に社会的な存在の内に
発生する処の、一つの存在であることを注意することが必要である。
http://www.nextgroup.link/
心理学者や哲学者が「意識」という言葉で理解するものは、
一般世人や労働運動者の理解している「意識」ではない。
専門的な術語としてさえ、この言葉は決して判明なものではない。
http://bar-lol.info/
意識・無意識の構造を有つ個人の精神は併し、衝動をその実質としている。
衝動は欲望を充たすことによって快を得る。精神は快を追い不快を
避ける本質を有つ、欲望の実現が精神の根本傾向なのである(快感の原理)。
http://omoroo.com/
piyoに登録しました。宜しくお願いします。

ありこ

プロフィール画像を表示
ありこです(・ω・)
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード