FC2ミニブログPIYO

  • 2020.5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
めちゃめちゃお上手な方の講座系でありがちなのが、その方が「1+1=2」を教えているつもりで、実は「虫食い算での足し算が出来る相手に一次方程式を教えている内容になっている」から教えている方の「初心者エアプ」が入って実際に初心者がやっても出来そうで出来ないみたいになりがちなんですよね。「今日から! 誰でも! どんなキャラと人格でも! 簡単にチェイスの時間が稼げる方法!」というのが少しは存在するんよね…。
そんなんするんだったら一時期テストサーバーであった、占い師や弁護士が即時チャットでハンターの種類が出せる機能つけてくれれば良いのに←。あといわゆる「第一村人」がハンターを確定する姿やアイテムを画面にとらえた時にも出せるようにしてくれれば良いのに。
なんかハングル語で今度第五の左上のレーダーがマップ形式になるみたいな話が流れてきましたけどね(自動翻訳使った)。完全に最初からマップがオープンになるんじゃなくて、使っているキャラが見た視点から発見できたオブジェクトがマップに記載されていくみたいな形式なのかな?
ランスポだと特にそういうことになりますね。ランスポだとハンターもどのキャラがどこにいるかが運ゲーな所がありますけど、ランスポは一部のキャラでしかハンターのスポーン位置がはっきり分からない(あの大量のスポーンパターン全部覚えていられるか!)からチェイスが苦手な方がのっぱらでハンターと鉢合ってしまうとね。
良く言われる「後ろを見てチェイスしましょう」とかを初心者がやるとまず逆に進行方向にあるオブジェクトにつかえてハンターと挟まれて殴られるってことになるんよね。あるいは練習では後ろを見れてもランクマとかではチェイスを持たせなきゃのプレッシャーとかで必死すぎて後ろ見られなくなるとかね。チェイスが全くダメって方は特にパニックになって周りが一切見えなくなってダウン位置調整とかそんなん出来るか! みたいになるってね。
〇〇キャラを使ったチェイス~みたいな動画は山ほどあるけど、案外基礎チェイスのやり方の解説をした動画ってないんよね。黄金ルートの解説動画はあるのですけど、アイテムなしチェイスでのチェイスのやり方とかね。
初心者曲芸師にあるあるなこと…普通に窓を乗り越えたら良い所をイキって玉で乗り越えようとして窓の手前で落ちてハンターと窓のある壁に挟まれて殴られる。。。。。
「アンと戦えるなら」マジおじは取り得ではありますけどね、初心者なら。「心理学者」はオペラとかイタカとかまれに来る破輪とか来ちゃうと辛いですけどね。一番は破輪とジョゼフに追われることがね。0.5系もあんまりですけどね。なんというのか左右積んでいるのにフラホが欲しくなるくらい板にあと一歩で届かないってことが多いんですよねorz。
傭兵がジョゼフに殴られて1.5ダメ状態→手回復&笛(手回復が先)で傭兵無傷→自分も吸った1ダメ手回復で自分も無傷…という技も一応ある。
「心理学者」は基本シンプルですね。チェイスで乗り越え恐怖食らわないように注意することと、危機一髪中や頑強発動中や追われている相手に笛を送らないことや、時には通電直前の肉壁に加わるとか、あとは笛送った直後に追われないように気を付けるとか、ジョゼフや隠者で半端ダメージ吸って自分を手回復してもらってどちらも立て直すとか、通電した後の1ダメ傭兵に笛を送って壁役を担ってもらうとかそういうことですかね。
肘当てはいろいろ出来ることに越したことはないですけど、ただ本当の最低限、長いまっすぐな壁でほぼ直進で長い距離すっとんで行けるかと、地下にもぐったり出たりする肘当てという2つだけは練習した方が良いかと思いますね。あとは肘当てを潰されない距離感。可能なら右の壁でも左の壁でも使えるようにする。V字の肘当てとかそういうのは後。重要なのは救助とチェイス…とあと無傷状態での肉壁など。
ただ今は傭兵もチェイスがっつりする時代なので、傭兵BANされていなければまず追われると思った方が良いくらい追われますね…。肘当てに関しては慣れないうちは変な所で使うなとだけ。モバイルの場合は肘当て打った後に視点調整で行く方向を微調整入れていますね。肘当てオフは…打った後のCT中にオフっときます。
>傭兵は肘当てがoffにするの忘れちゃったり暴発したりするので航海士や墓守を使うことが多いです。やっぱり傭兵のほうがいいですかね?練習とかして 下にも書いたけど、「救助キャラはいろいろ使いこなせることに越したことはない」のでね。すごい肘当ては使えることには越したことはないですけど、とりあえずまっすぐで長めの壁で成功率が高い肘当てが使えればそれについてはなんとかはなるかと。それよりも救助がうまくいくかどうかの方が重要。
「チェイス強いキャラで固めてみましたー」→「あ、そう、じゃジョゼ出すわ」、「粘着がちがちにかためてきましたー」→「あ、そう、蝋人形師かペルちゃんか破輪出すわ」とかプレイヤー次第で出来ますけどね。ただハンターもやりはじめて正直がっつり編成は「うわサブアカじゃね…?」ぐらい嫌感はありますね(汗)。※なにせ蛇なのでお相手ががっつり編成とフリーダムな編成とでぱっくり分かれる感じ。
段位にもよるけど、解読の重い編成にも解読の軽い編成にもそれぞれメリットはありますけどね。それはハンタープレイヤー次第ですけど、解読の重い編成で隠者出されるとかなりしんどいし、軽い編成で「悪夢」とか女王とか白黒さんとか来られるとあっと言う間に全体負荷完成といったことにもなりかねんのはありますけどね。

竹山むべ

プロフィール画像を表示
チャレンジャーは旅人です。
出張版、チャレンジャーな人間の日記。
rss

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード