FC2ミニブログPIYO

最近うどん食べるのが辛い…。家族がうどんが大好きでよく食べるのですが…うどんの時はろくにおかずもないから味が変わらなさすぎて辛い。から量が食べられない。うどん食べる時はもはや作業。おかかおにぎり茶漬けが食べたいと思って台所に行ったらすでにうどんが完成済み。…確かに作ってくれたことは感謝しなければだけど…辛い。
それにしても今日、かぼちゃの煮物の余りでスイートパンプキンを作ろうとしたら牛乳を入れすぎてしまい、さらに熱したら見た目が蒸しケーキのようなものが出来上がった…。味はかぼちゃプリン、食感は新食感って感じの、プリンよりはずっしり重い感じの不思議な新スイーツ(苦笑)。
そもそもあなたの伝言って普段からはしょりすぎて100%の情報じゃないことがほとんどだっていうのにな…。「むべ、お前に電話だぞ」と子機を渡されて取ったら「ツーツー(電話切れてる)」(呆)。「市役所の〇〇課の××さんから(こっちは全く知らない人)って言ってたから市役所にかけろ」→「(それちゃんと伝えてる? はしょってない?)」って感じ。でおまけにそれで代表電話にかけたら「それ詐欺なのでは?」と言われる始末。〇〇課は存在しないしそもそも電話で問い合わせはしないという返答。
猫飼っていた頃、トイレ掃除した後、トイレの箱を傾けて砂の表面をならしておいていたんですよ。こうすれば猫がトイレ使った後、砂がボコボコになっていて用を足したの分かるので。
会いに行けるアイドルというキャッチコピーが久しくなった近年に、アイドル事務所の話の小説の中の1ユニットに、会うことが一切できないネットアイドルという設定をしたことがある。設定としては超絶可愛くてほぼ非の打ち所がないメンバーがデビューを検討されていた時期に義足にならざるを得ない事情が出来て、彼女を惜しんだ事務所がどうにか彼女をデビューさせることはできないかと考えて出たアイディアだったという。
料理って、ものすごーーーーーく大量に作るとか、すし飯などであおいで欲しいとかそういう時でもなければぶっちゃけあまり手伝いいらんよね←。場数踏んだら料理中にお皿も用意して料理を食べる前には使った調理器具も片付いているような状態。にんじんを先に切ってレンチンしてその間に他の材料切って同時に鍋に投入とか、段取り決まってくる。
現金給付じゃなくてライフラインを無料にしろという人いるけど、受ける側の「結果」としては全員ただだけど、使用額は各世帯でバラバラだから間接的には不公平なんだよね←。光熱費合計1万使っていようと(極端な話)500万使っていようと無料にするってことだから。
薄給で辛い仕事だったのに稼いだお金ほとんど持っていかれて、ローンとして60万は払っていた車を勝手に乗られて事故られてごめんもなしに「これ見てみ」とぶつけられた車見せられて勝手に廃車にされて、その後仕事を辞めた後に「そんなはした金じゃ家に金入れてるって言えねーよ」と言われてそれで心折れてヒッキーになったのに。その次についた仕事でもそれで嫌になって「お金入れない」って話にしたのに(それでも食費は入れたけど)「金足りねーからもっと入れろ」とか言われてさ。ふざけんなよ。
手伝った所で感謝もされないそれどころかずーーーーっと文句言われ続ける。よその普通の家族の人間関係じゃないんからそっちの感覚で口出しされてもそっちには分かってねーんだよ。人の努力をいちいち握りつぶしてけなしてくる相手に誰が温情なんてやるかよ。最初の仕事の時に血も涙もないようなことされたからそれでもう自分の中では見限ったんだよ。
人の、冷蔵庫から物出す順番なんてしるかあああああああ!!
高校の卒業式の時点で進路が確定していなかったことかね←。滑り止めにはすでに受かっていたけど、本命の合格発表が卒業式の後だったので。
捨て猫保護したら病院へ連れて行くの当たり前だと思っていたんだけどな…。知らん人意外といるのな。まずノミダニいるし、おなかに虫いることもざらだし、病気抱えていることもあるし、場合によっては衰弱していることもあるからその手当てもあるし。治療や検査してもらいつつ虫取りシャンプーもしてもらうというのがセオリーかね。ゲーム画面上じゃ表示されないけどそれがリアルの捨て猫。
本気で起きなきゃいけない時は二度寝の時間込みで目覚ましかけますけどね←。二度寝というか、寝床でうだうだする時間30分ぐらい。目は覚めているけどなかなか寝床から出られないタイプというか。よっぽど朝早い(4時起きとか)ことがあったら頑張って起きるけど。
あんまり大きな声じゃ言えないけど、16分音符だのそれ+連符だらけの楽譜ばっかり見てきた元クラリネット吹き&ピアノ経験者から見たら打楽器の楽譜がしょぼく見えてしまう…。やっていることはもっと大変なんでしょうけどね!
コロナウィルスが出た病院で、発覚前に用事があったのでやむなく行ったら入り口の所で耳に差し込むタイプの体温計で検温やっていたんですよ。「熱がないのでそのままお通り下さい」みたいに言っていたから、たぶん熱があったとしたら裏口から入れとか言われたかもな。もっとも自分の病気じゃなくて、歯科で入院して退院当日病院の手落ちでもらいそびれていた家族の薬を取りに行って1分もいなかったわけですが―。

竹山むべ

プロフィール画像を表示
チャレンジャーは旅人です。
出張版、チャレンジャーな人間の日記。
rss

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード