FC2ミニブログPIYO

  • 2017.6
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
孫二日、息子は四日で治りしに六日たちても下痢は止まらず

これからは孫の看病できないというほかはなしわが身が大事
雑炊もうどんもダメとの薄情な医師の言葉を恨めしく聞く

OS1いやいや飲みぬほんにまぁ体によきとはまずきものなり

どのようなごちそうよりもおいしかり だしが効きたるうどんひとすじ

上澄みを掬いてすする十割粥胃にしみわたるおも湯のぬくさ


「早く出して」の声があふれる冷凍庫 鮭・肉・アサリがひしめき合いて

食べられぬ病気はつらし冷蔵庫の肉も魚も静かに眠れ

よくなればあれをこうして食べようと思いめぐらすおも湯のみつつ
冷凍のピザ三切れをコーヒーで胃に流し込む一人の夕餉

体調が悪くて料理する気なくバナナとクッキー食べてまた寝る

体調のあしきは肩こりが原因と さりとて按摩をしてくれる人無し

パソコンをやめれば治るこの不調さりとてそれは無理な相談
納税せし市町村より「今年も」との広告メールが届く三月

今年はもう納税できぬ吾に来るふるさと納税お願いメール
フェイシャルの施術を受けてプロメイクされて十歳若返りし母

松屋にて買いしつば広帽子着て「宮様みたい」と母ははしゃぎぬ

皇室の宮様となり帽子着て背筋伸ばして銀座ゆく母

記念にと銀座田中で買いやりしルビーの指輪は吾れとお揃い

「よう光る、さすがダイヤ」と太陽にかざして喜ぶ母は飽きずに

銀ブラの締めくくりにと三越の甘味処にあんみつ食べる

銀座にて食べる会席 味よりも器に興味を示す母なり

数々の母との楽しき思い出はあれど末期に会えざる口惜しさ
口元も話す内容も下品なるトランプ大統領アメリカの恥

トランプを選びしことを悔やみたるアメリカ国民の増えゆく気配

政治家には到底なれぬ大統領トランプ選びし国民哀れ
あどけなき孫の写真が撮れたとて送る人無し喜ぶ母なき

昨晩の残り物でもおいしいといただける幸元気なりゃこそ

朝はまだストーブが要る四月なり桜の花も咲くをためらう

若き日は好きじゃなかったアールグレイティ強き香りの良さを今知る

熱出でてキャンセルしたる箱根行き「さくら温泉」に今宵連れ出す
目白庭園のしだれ作が満開のころと思えどテレビで花見

駅前のビルの窓から公園の桜見下ろし花見となさん

ベランダから腕を伸ばせば届きそうな桜見に行く息子のマンションへ

マンションの前は公園桜ありて夜までにぎわう花見時には
この冬の最後とならんぶり大根ストーブの上にふつふつ煮える

孫呼びてにぎやかに煮る鍋の中 豚、鶏、タラがひしめき泳ぐ

「にくにく」と争い箸を伸ばす孫 男の子二人で6百グラム

これからは安き肉しか買えないとわれと嫁とが同じ心配

「こんにゃくと葱しかあたらん」と嘆きつつ孫へと肉を取り分ける夫
母からの祝い電話がかからなくなりて二度目の誕生日過ぐ

検診の結果はさておき今日生きていることたたえて寿司でお祝い

記念日も45回目いまさらに祝う気も失せ無為に過ごしぬ
母を知る友と思い出話して静かに更けゆく一周忌の夜

父の遺産一円足りとて使えずに逝きし母なり悔やみは尽きず

田畑が売れれば医療スタッフと温泉めぐりをするはずだった

生ごみのごとくに母を扱いて全財産を姉は奪いぬ

夫婦とも故郷はもう無き身なり 孫子の故郷となるはこの家
生傷の絶えぬ次男坊三歳で七歳の兄と同じことする

「自分で」と一人でしたがり包丁で指を切るやら火傷するやら

生傷が絶えねば風呂に入れる時いつもどこかを痛がる海大

「この孫を預けるならば大けがを覚悟で任せよ」息子に引導
担任が長期病欠 少しづつ明るき笑顔を取り戻す孫
給食を残せばデザート食べさせぬ教師に親の不満高まる
テン、ハネの長さが違うだけで× 孫は国語が嫌いになりぬ
これまでは90点なるが50点 得意の国語が不得意科目に
担任が休みと聞けば「やった、やった!」と万歳をして喜ぶクラス
登校拒否児童が出でてようやくに担任外す遅すぎる措置
心病む教師に孫を預けこし恐怖の日々もようやく終わる
地域にも開放されし新校舎 孫が通えば夫と見にゆく

見学の人でにぎわう新校舎 まず向いしは孫の教室

「熱でた」との電話あるやも保健室まず確かめて次は学童

屋上のプールにすでに水張られ大寒の空ゆく雲うつす

土でなき運動場はカラフルで地下には災害物資が備蓄と
雄々しくも吹雪の中を駆けてゆく女子駅伝を胸熱く見る

どらCAT

プロフィール画像を表示
思いつくまま気の向くまま、三十一文字で日常を記録しています。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード