FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
松田聖子はストーカー
松田聖子はストーカー
松田聖子はストーカー
Y96世と00世は双子。
【ルパン100億フランの炎・3 彼女】ベアトリス(熊)とその妹イザベル(分配者) イザベルは自然消滅を怖れていた…しかしその思いはいつしか浮き沈みの多い世界で仲間たちと離れ離れにならないようにという熊に発展し、私に迷惑をかけた。皆を食わせてゆくというなら、ヒラさんや渡邉亮徳さんにも多少似てるが…。
【ルパン100億フランの炎・2 はしもと会】 舟の形をした折り紙すなわち「釣り」は…互いに良くない。このままでは互いに破壊し合った跡地だけが、像(フェリシアン)のように残るだろう。
【ルパン100億フランの炎・1 本編】もともとはルブラン氏の長男クロード君の、まだ幼かった頃の初恋に首を突っ込んでしまった父親ルブラン氏の奮闘記ではないかと思う。当時のクロード君は学校では将軍扱いされていたようだが、彼の片思いの相手の娘は、教室内の喧騒からは疎開してるタイプの女性だった模様。
【ルパン100億フランの炎・4-1】エッチの時間を、「休み」から取るか?、「外出」から取るか?…どっちから割り当てるかといえば「外出」の分から割り当てるべき、ではないかと思う。
【俺の過去の人間関係を調べ、その人間達を牛耳ろうとした女・ベロニック 嫌いだよ】「私は妻を殺そうとしたことを認めます」─マッサージ師ラウール・デュバルが金持の妻ベロニックとの生活に疲れ、そのけりをつけようと試した賭けの結果がこれだった……
ラウールが、彼を冷たく見下す妻を憎み、二人が乗った車のタイヤのボルトをゆるめたのは衝動によってだった。間一髪で事故を避けた後、ベロニックが彼の意図を見破り、今後の安全のため告白書を書くよう迫った時、ラウールはむしろ、離婚が決定的な事実となり、
逆にエッチはだからこそ下手であり、君が心を入れ替えて再度面接に来ても、最初はとても冷たい。「何なのよ今さら!」「来なくていいよ!」「何しに来たの!」「もう来ないでよ!」
自分がノートパソコンを買ったのは2008年だったが、2004年に買うのが、最もジャストだったと思う。
先物買いをする人間と、あとあと真に必要に迫られて購入する人間と、どっちが「使いこなしてる?」
注意深さではなく臆病さ…かな

巧妙なまでに捕われている

プロフィール画像を表示
 ピエール・ラフィットへ
 親愛なる友よ
 きみの導きによって、私はかつて足を踏み入れようとは、つゆさら思いも染めなかった道にはいって行った。そして、きみの名前をこの書の巻頭に記し、私の 敬愛の情と、深い感謝の念を、ここに表明するのが正当と思われるほどの文学的愉悦をそこに見出した。
 モーリス・ルブラン
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード