FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
近鉄新幹線 京都名古屋線 甲子園乗入
二重ローン問題において、消費税増税の方向にあるならば、中小零細企業は、長期返済における大幅な最終利益の低下を見込む必要がある。これが「主たる焦げ付き要因」になるであろうことがわかっていないからこそ、復興をすすませることができない。
これらについても、菅は全く認識反省なきため、菅本人への不信任理由でもある。
これが、「流通生産緩衝機能の毀損」すなわち、経済基盤そのもの縮小にあたり、海外では地域経済にねざした地方銀行などが破綻する要因でもある。
すなわち、消費税には、経済引き締め効果よりも破壊効果がきわめて強いものがある。
被災復興において、これらの議論がでることそのものが、被災復興を遅らせているという認識が全くないからこそ、菅本人への不信任理由であり、すなわち、菅本人こそが被災復興をおくらせているからである。
企業は中小零細企業でも資金運転は5年から10年の資金運転を前提に借り入れなどをする。
利益の中から、消費税はおさめなければならないため、僅か1%の増税が致命的なることすらある。また、大手からすれば、途中流通の削減が利益率の増大、また、流通そのものをなくし、いわゆる直販の形式をとる方向に向かう。
それが、
「消費税増税などは、流通段階を経るに当たり全ての流通において消費税がかかる日本では、1%の消費増税は、流通工程においては流通生産緩衝機能の毀損をともなうものである。結果、最終物価への添加と各販売段階における利益率の低下と、消費税相当額の納税準備金の運転資金確保資金繰り調整とコスト競争力や経済的裾野拡大の矛盾などによる、消費税増税効果にかかる効果なき事の内部資料がある」
ということである。
5%が高いという批判で2%,3%といってるのは、結局税率をあげる事にしかかんがえんがないが、そもそもその認識が、あやまってる。
増税による焦げ付き見通しがたかいねん。
これ、菅の問題やで。
わかってる?
現状、各地で、増税による資金繰り悪化問題が多数でている。
わかってる?
菅のもんだいやで、これ。
被災復興に必要なものは、復興優先であったが、誤ってばらまき予算を優先させた。
また、激甚災害であった故、企業決済を遅らせたが、それも中途半端な処理であったという認識がそもそも菅にはない。
今もそれらの誤判断についてまともな反省がないからこそ、被災復興が遅れている。
余談:
え?メール便160円になったん?
えげつないな、それ。便乗そのものやね。
にもかかわらず、これら増税議論を未だに反省することなく、それらにより、景気本格回復や被災復興を菅自らが遠ざけていることについても、菅は理解をまったくしめしておらず、悪質ともいえ、菅本人への十分な不信任理由でもある。
消費税増税などは、流通段階を経るに当たり全ての流通において消費税がかかる日本では、1%の消費増税は、流通工程においては流通生産緩衝機能の毀損をともなうものである。結果、最終物価への添加と各販売段階における利益率の低下と、消費税相当額の納税準備金の運転資金確保資金繰り調整とコスト競争力や経済的裾野拡大の矛盾などによる、消費税増税効果にかかる効果なき事の内部資料がある。
被災復興に必要なこととは復興を優先させる事だが、誤ってばらまき予算を優先させた。
激甚災害であった故、企業決済を遅らせたが、それも中途半端な処理であったという認識がそもそも菅にはない。
今もそれらの誤判断について理解がないからこそ、被災復興が遅れている。菅本人への不信任理由としてはこれだけでも十分である。
被災後のG7の誤誘導損害は100兆を余裕でこえとるよ。
不信任理由は多数これ以外にもある。
被災復興をおくらせているのは、菅本人である。
遼寧山東新幹線