FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
今、自宅につきました。
結構我が家も大変な状況の気がします。いや、あの状況を目の当たりにすると仕方ないかと…

明日から、いろんな意味で我が家もリニューしないとマズイかも。

あとね、今回わかったことは、年配の方の強さ。復興の中心となる若者の打たれ弱さが顕著な分、半分は絶望感を抱いてても前向くのは年配の方達でした。
カミさんが昨日で被災地を離れた。何か自宅に戻って来ても涙が止まらないらしい。
ミイラ取りがミイラになるって、ホントだな〜。

さて、今日は調査では無く、宿で報告書まとめ。多分徹夜でまとめないと終わらない。キーボードを叩くこの一秒が、復興の時間を一日速く進めるんだ!と勝手に心の中で、叫びながら手を動かす。

もちろん、そんな訳はないのだけど…

とにかく台風シーズンの前には、処置しなければニ次災害の恐れも有る施設は早急に!
何だかんだ言って、今日を含めてあと二日。正直言うと、プチ鬱気味です…
前にも書いたけど人と人との温もりを感じたくて、ボランティアに来てる勘違い人がいるのかも。
役場の人が
「住民の名簿整理の事務おねがいします」と言ったら、露骨に不満そうな顔をしたらしい。

震災で役所の人員が不足しているなかで、どれだけ事務仕事が大切なのか?芸能人みたいに、被災者から直接被災者ありがとうと言われなきゃ、ボランティアの意義は無いと言うの?
その後、地元役場の人と話した。ゴールデンウィークにはたくさんの、ボランティアが訪れたらしい。噂だとなんか旅行会社でツアーを組んでたみたい。(根底に善意が有るとしても、すごく釈然としないし、なんか嫌だ)
そんなボランティアの人にも色んな人がいて、
「炊き出しを担当したい」とか
「子供や老人を励ます仕事がしたい」とか言う人がどれだけ多い事かと。


続きます。
今日は水道の配水池の調査。良かった、ここは被害が小さくて色んな応急措置を施せば使えそうとの判断。
早速リーダーが、東京のメーカーと連絡の後、対応策が決まった。
少しは成果が出せて、少し嬉しい。
投稿画像
今日は東北も大雨。早上がりで宿舎でデータ整理。
宿と言ってもホテルや旅館じゃなく、官庁の研修施設。
これでも良い方で、先発隊は学校の廊下に寝袋で寝てたそうな。
まぁ、これでも十分な持てなしです、はい。
今日も下水道施設の調査。わかっていたけど、途轍もない悪臭。マスクを二重三重にしてるのに、効果なし。
それなのに、この施設にも非難してここで生活する施設従事者の家族がいた。
都会に暮らす人間が、この環境で暮らせるものか?いや無理だと思う。
でも彼らは笑ってこう言うんだ。

「雨風しのげるし、家族皆の命が無事で一緒にいられるだけで幸せですから。それだけでもこの土地では、贅沢ですから(笑)」

そんな事が贅沢だなんて、言える強さと諦めに胸が痛い。
今日の調査下水道施設の地元担当者。まだ20代後半の若さ。それでも話をすると、この二カ月で体重が6キロ減り、白髪だらけになったと笑う。その彼から一つ頼み事が有ると。
「音楽を聴きたいんです、携帯プレーヤー有りませんか?」と。
iPodを持っていたので、貸す。たまたまBEGINの「島んちゅの宝」が流れる。彼の目から涙が止まらない。

聴き終わって彼が一言。
「ありがとうございます!これでまた一週間頑張れます!」

ありがとうって言わなきゃならないのは、その笑顔に対してだよと心から思う。
投稿画像
一日目の診断調査が終わった。膝が疼いて少し辛い…それでも宿と食事が用意されている自分は恵まれている。
他の被災地に出向いてるカミさんと連絡がとれる。彼女は
「被災地ボランティアって人と人の温もりを感じることだとおもってたけど甘かった…」と。彼女はカウンセリングをしているんだが、余りの絶望感に温もりどころか、癒しも出来ないと。
これは長い長い戦いだ…
予想はしていた事だけど、被害の甚大さには声を失う。自分はボランティアでは無いので、避難所へ訪れる事も無く、直接被災者の声を聞けない。そのもどかしさに自問自答するが、やれる事をやらなければ。やれる事は一つ。ライフラインの一刻も早い復旧のための、状況把握と判断。でもこの被害の余りの大きさに、心を折られそうになる。
今回診断道具以外に持った荷物のなかに、少年ジャンプがある。
一応四月頭から最新号まで三冊づつ。
結構荷物なんだけど、もし被災者の子供たちに会えたら、あげたいなと思って。
まだまだ書籍流通が滞って聞いたし、
そんな時こそのマンガだと思うし。
まずは行って来ます!今回は道具が多いので、ワゴンバスで移動!
自分は夜に運転担当です。
東北行き用の専用ミニブログにしようと思います。
piyoに登録しました。宜しくお願いします。

koh兄

プロフィール画像を表示
期間限定のミニブログです
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード