FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
なにもかもに 向き合わなくてもいいよね
人はみなお互いに心の医者
乗り越えていたつもりだったのに 忘れていただけだったのかな 向き合わずに生きていけたら 楽なのにな
誰かのことも ボクのことも もう少し 許せたら 毎日は あと少し 楽になる
心の中のパズル 探してたピースが見つかって カチッとはまって 泣きそうになった
無理をする自分を変えたくて やっと休める気持ちになったら たくさんたくさん追い抜かれていった 悲しくなる気持ちはどこへ向けたらいいんだろう
輝いていても 躓いても 君を好きでいることは 変わらないのだとわかったのは 都忘れが咲いていたから
また おもちゃのように 飽きられたボク キミに悪気はないことはわかっている わかっていたけど また夢をみていた
きれいな花を きれいだと思える心でいられること
指先のケガがひとつ治ると また違うところにケガをする とても小さいのに 何かするたびに しくしくと気になって 私のじゃまをする
昼間の太陽は眩しすぎて見上げられない 岩陰に逃げるように沈むくらいが まるでボクみたいだ そう思うとやっぱり見つめられなくて いつになったら ボクは光を見て歩けるのだろう
空も海もつながっているはずなのに いつから心まで遠く離れてしまったのかな
空も海もつながっているはずなのに いつから離れてしまったのかな
ひとつを選ぶと ひとつは置いていく いつかまた取りに帰るかもしれない
巡ってくるのがつらかった季節も いつかきっと 違う輝きを見つけられる