FC2ミニブログPIYO

  • 2016.9
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
自分の居場所を作りたくて、少しでも仕事を貰えるようにと、どの作業場でもやっていけるようにと、必死にスキルを取得しました。
だけど、実際はどうなんだろう…
私の居場所はどこなんだろう?
全てが中途半端な気がしてなりません。
私はココに居て良いのでしょうか。
「何かある?」と尋ねられた時、本当は「疲れた」と言いたかったんです。
誰かに言いたいし誰に言っても良いんだろうけど、誰に言っても解決しないだろうから、誰に言って良いのかが分からないのです。
『出来た』感覚が無さすぎて、『出来ない』感覚だけがあるのです。
チヤホヤされるのが嬉しくて、好きじゃないけど嫌いじゃないから、そんな気持ちになってしまう。
あの時後悔した行為を、今でも繰り返してしまいそうになる。
あのコに触れたくて堪らない。そこに気持ちなんか無いのに…
キミの傍に居たいからと、キミの傍に居られる為の理由を作りました。
どれだけ否定したとしても、結局は今ある結果が事実なのです。
温もりが恋しくてなりません。
寂しさに息が詰まりそうです。
誰にも心を開いていないことに気付きました。
独りだということに気付きました。
けれども、見も知らない人の言葉が素直にありがたいと思えました。
一晩泣いて、今朝は少しすっきりです。
弱音を吐きたくて堪らないのです。
『役立たず』でしか居られない事が悲しくてなりません。
誰かに縋りついて泣きたい気分です。
マスターが読めません。
致命的です。
『気の付く班長になれ』と言われました。
成り方が分からないのです…