FC2ミニブログPIYO

  • 2018.9
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
そうやって考えるに虚こと松陽先生にはある種の「洗脳」があったのかもしれない。そりゃあ忠実なる臣下を持ちたければ才長けた子供を幼少で見出し仕込んだほうが早い。子供が親になつく原理と一緒、理屈じゃない。桂さんも先生を慕っていたけどかれには「桂家」というもうひとつ護らなければならない存在があった。ここが他に何も護るべき存在を持たない銀ちゃんと晋助ちゃんとは決定的に違うように思うんよ。
まあよく考えたら壬琴さんと高杉さん、似てるのは厨二感が9割ってとこくらいかもしれない?けども、作中どう見ても「こりゃマズイやろ」レベルの悪に手を染めてるとこも似てるね、それも強制されてじゃなくて自主的にってところが。でも高杉さんの場合は、もしかして松陽先生が高杉さんにも「みんなを護ってくださいね」って言っていたら、その後の途は変わったかもしれない可能性微レ存。なんていうのか、銀ちゃんも晋助ちゃんも純粋すぎやもん。先生好きすぎて、交わしたどんな些細な約束でさえ命かけて全うしそう。村塾の教本を肌身離さないしね
前にこのブログでも吐き出した記憶あるんですが、
アバレキラーの爆竜である(相棒ね)トップゲイラーが好きだったんですよね✨ワタクシ。
トップゲイラーはずーっと壬琴さんのことを「人間」としか呼ばなかったんですが、最後に壬琴が自分の死期を悟って、自らをゲイラーに運ばせ、宇宙へと向かう。地球に影響が出ないようにそうしたワケなんですが、そのときに死の道連れにした壬琴をはじめて「さらばだ、壬琴」と名前呼びするんだよね。それが文字通り最後のセリフなわけで…号泣だよ。で、トップゲイラーの声を担当されていたのはグリリバ✨
そして圧巻の3パート。
たとえ悲劇が待ち受けようと白くときめく途だけ選ぶ「ときめくぜ…」
dead end game スリルだけ寄越(よこ)せbad luck game モラルなど壊せdead end game リスクなら奪えbad luck game 命 弄(あそ)ぶゲーム俺がルールだ
アバレキラーのキャラソン「dead end game」作詞は桑原永江さん。作曲は羽田健太郎さんという地味に名曲です。
特に好きなフレーズは「退屈すぎる永遠よりも白くときめく一瞬がいい」「ピンチなら哂え」とかいう厨二しかない世界観ですかねえ。しかも最後に「俺のカルマだ」って開き直っちゃうところも。この作詞されたかたのセンスが最高杉✨
罪を恐れない 罰をいとわない危うい生き方に 魅せられてゆく隙を見つけたら 俺は迷わない閃いて切り裂く 名はアバレキラー空虚な日々の 慰みのため白い闘気を いま解き放つ「アバレモード…」dead end game リアルだけつかめbad luck game ノイズなど潰せdead end game ピンチなら哂(わら)えbad luck game 愛を試すゲーム俺のカルマだ
地球(ほし)を滅ぼせる 明日を変えられる絶大な力を 俺は手にした邪魔をするのなら 誰も許さないひと羽根で吹き消す 名はアバレキラー退屈すぎる 永遠よりも白くときめく 一瞬がいい「爆竜チェンジ…」dead end game スリルだけ寄越(よこ)せbad luck game モラルなど壊せdead end game リスクなら奪えbad luck game 命 弄(あそ)ぶゲーム俺がルールだ
アバレキラーは戦隊シリーズ初の「敵の根城を乗っ取って、敵ヒロイン位置キャラを自分に夢中にさせてヒーロー側に損害を与えた」のに、最後にヒーロー側に寝返ってお約束の悲劇的ラストを迎えた伝説的アンチヒーロー✨
もう14年くらい前の作品だけど戦隊ものでこれくらい吹っ切れた設定はないよねえ。ときめくぜ(`・ω・´)b
とはいえ仲代先生には松陽先生みたいな存在はなくて、ひたすら自分探し&ときめき探ししていたと記憶しているし。利害が一致した時だけ協力関係を全うする的なドライさが似てるかな。
なーんか高杉くんのキャラクターに既視感があって、思い出していたんだけどw
「爆竜戦隊アバレンジャー」に出てくるアバレキラー/仲代壬琴に厨二感が極似?
ネトフリの銀魂は全部視聴したァ✨よくやったぞ!
で、アニメ3期からはすでに録画済みなんでBlu-rayで見ることに。
まだまだ修行が足りない。
精進したい所存。
ナマ言ってるけど、腐女子としての歴史は実は浅いからなー自分。
腐女子友達がリアルでいたのはすでにン十年まえだしww
皆今頃どうしてるの?案外普通のオバさんに戻ってるの??w
腐ってる現役が自分だけだったら笑えないわwww
朝から萌えさせていただいた✨
まさか、ここまでとはなBY赤井

やっぱ原作OR公式にお金落とすのがベストよな。
そうしましょ、原作揃えましょ!
約束を護るっていうのが重要なテーマなんだよねえ。出来ない約束はしてはならない、ていうか約束したなら死んでも護れっていうか。それがこの作品ではこれでもかと描かれている。
高杉くんが朧の魂を村塾に返すべく、その骨を持ち出しお墓をつくろうと里帰りするくだりはマジで切ない。こんなこと、どれだけ優しい人間でもなかなか出来ることではない。朧は彼にとって、大事な先生の弟子なのだ。だからこそ先生の居た村塾に葬ろうとした。この高杉君の男気には涙するしかない。そしてだれを犠牲にしても先生をその手で終わらせてあげたいという狂気に震えるしかない。高杉くんが望むのは先生の願いを叶えること、銀ちゃんは先生との約束を護り続けた。高杉くんにもそれは分かっている。だから今度は自分が――と。

ほてと

プロフィール画像を表示
見ての通りの腐BBAの自己満足用日々ツレヅレ。WJ系作品で腐発言多し。地雷な方は注意。好物はワートリ迅風太刀風、ハンタゴンキル。気が向くと二次書いたりする。影日・銀魂/高銀に深くハマりつつある外道系腐女子w

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード