FC2ミニブログPIYO

ヘッセの「どこかに」という詩がとても好きなのです。「人生の砂漠を私は焼けながらさまよう、そして自分の重荷の下でうめく。だが、どこかに、ほとんど忘れられて花咲く涼しい日かげの庭のあるのを私は知っている。だが、どこか、夢のように遠いところに、憩いの場が待っているのを、私は知っている。魂が再び故郷を持ち、まどろみと夜と星が待っているところを。」

コメント欄を閉じる

ありも さゆ

プロフィール画像を表示

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード