FC2ミニブログPIYO

投稿画像
わたくしの車の前を走っていた大きなトラックの後部。
よくよく扉を見ると、たいそう複雑そうなその部品の構造。

開けたことがないのでどんな具合に開くのかは判らないのですが、荷物の出し入れしやすく、運転中、なかの荷物はけして飛び出してこないようになっている構造なのでしょう。

わたくしの子供のころのトラックは布でできたホロぐらいしかなかった。
それから幾星霜、日々、トラックの荷台の扉の新しい形の開発に努力してきた人たちがたくさんいたのでしょう。

こんなところにもみられる人間の知恵と努力。
  1. アイコン
    おはようございます。
    ほんとだ。何重ロックなんでしょう。
    大昔のヨーロッパの建物の鍵も、こんな構造だったような気がする。
    馬に乗ったまま通れるような、すごく大きな扉とか。
  2. アイコン
    ヴィッキーさん、来年は午年だから、正月早々にこのトラックから馬が飛び出してきたらおめでたくて喜ばれるかもね。
    ふんもするろうけんど。
  3. アイコン
    んまぁ~~
    頑丈なロックだこと・・・
    • rinrin
    • 2013-10-24 12:02(木)
  4. アイコン
    rinrinさんの心の扉同様・・・。
  5. アイコン
    今どきのトラックは背面だけじゃなくて、横もパカ~っと開いたりして、機能も充実していますね。
    都内はそんなトラックにド派手な広告がプリントされていたりして…。
  6. アイコン
    のっのぽんさん、田舎じゃ見られないそんなど派手なトラック。都会暮らしの醍醐味かしら、ただただうるさいだけかしらね。
  7. アイコン
    いや、なんも複雑じゃないよ。
    ガチョンってやったらガチョンって開くよ。
  8. アイコン
    まっふぃさん、えっ、ガチョンてやればガチョンと開いちゃうのお。それじゃこの部品たちは扉の値段を上げるための景気づけなんじゃろかいのう。

コメント欄を閉じる

からつ屋

プロフィール画像を表示
高知の山の中でうだうだ、よろよろしているやきもの屋です

PIYOトモ一覧