FC2ミニブログPIYO

  • 2020.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
投稿画像
年末・年始は何かと忙しく、ロクに本を読んでいないのだが、ふと思い出した1冊。
志水辰夫の「暗夜」だ。
昨年の12月の初めに読んだのだが、中身を忘れないうちに記事にしておく。
この小説、弟の死の謎にせまる兄が主人公で、骨董品の市場と中国マフィアが絡む、いわゆるハードボイルドなのだが、印象としては静か。
暴力シーンもほとんど無いし、そう悪い奴も出てこない。
でも、話の展開はなかなか面白く、特に在日中国人の裏の世界を垣間見るようで興味深かったです。

コメント欄を閉じる

土佐のオヤジ

プロフィール画像を表示
南国土佐で生活している50代の普通のオジサンです。
rss

PIYOトモ一覧