FC2ミニブログPIYO

  • 2020.5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
投稿画像
昨日の日曜日は久しぶりに香南市のレストラン「くりや」にてランチ。
女房殿はオムカレー、自分は画像の「オムライス」を注文した。
妙な話だけど、オムライスって時々無性に食べたくなる。
昨日も同じ、店に入った瞬間にオムライスを食べる事が決まってた。
・・・とまぁそんな訳で、美味しいオムライス、堪能しました。
投稿画像
昨日の昼食は、以前から行ってみたかったお店へ。
「塩麺独歩「相棒」」なる名前の店。高知市の二葉町にある。
前を通りかかると、昼時には外まで並んでいるのをよく目にしていたので、少し時間をずらして1時過ぎに行ってみると、席が空いていた。
んで、画像がここの定番の塩ラーメン。
魚介のスープの上品な味がきっちり細麺に絡んで、麺もオヤジ好みの固麺でとても美味しかったです。
投稿画像
画像は三浦雄一郎著「75歳のエベレスト」だ。ちょっと前にこの人が80歳でエベレストへの登頂に成功した時、すごく感動したのを思い出し、この本を読んでみた次第。簡単にエベレストって言うが、非常に過酷であり、万全の準備と細心の注意、そしてしっかりしたスタッフに支えられての登頂である事が分かる。なかなか興味深い一冊なのだ。ただ、ゴーストライターを使ってないせいか、文章が素人なので、話があちこちへ飛んで、少々分かり辛い部分があった。でも、そんなことあんまり気にならない程面白いのも事実。良い本だと思います。
投稿画像
画像は内田樹著「日本辺境論」だ。
この本、文章は難しいのだが、じっくり読ませて面白かった。
要するに「日本人って何者か?」って事を書いた本で、著者の意見にいちいち納得できる。
日本と言う国はには明確な始まりがなく、国の意味を問う事が無いまま現在まで続いてきた。
日本人は物事の根本を知る事よりも、解釈に重きを置き、常に成功事例を模倣する事で進歩してきた。
この本を読むと、世界の中の日本人像、アメリカやヨーロッパの人々のと考え方の違いの原点が何なのかがよく分かる気がする。
実に面白かった。
投稿画像
昨日は久しぶりに日曜市へ。
大雨やら、よさこいやらでなかなか行けず、一ヶ月もご無沙汰であったが、行ってみると、天候不順のせいか、売ってる野菜の種類が少ない。
出てる店も少なく、全体的にはイマイチであった。
まぁ、こんな天気が続いたんだから、野菜が無いのは当たり前。
これでスーパーみたいに野菜がゴロゴロ並んでいたら、本来の日曜市じゃなないもんね。
来週に期待します。
投稿画像
昨日、ゴジラを見てきた。
以前から見たいと思っていて、ちょうど良いタイミングだったので、女房殿と出かけてきた。
「んで、どうだった?」
って言われると、
「すごい迫力!」
の一言。
ゴジラもここまで来れば、子供映画なんてもんじゃなくて、大人の鑑賞に十分堪えうる凄い映画だった。
帰りにトイレで、ゴジラフリークらしい2人の若者が、
「今までのゴジラの中で一番良かった!」
なんて言ってました。
いい映画でしたよ。
投稿画像
画像はドリアン・T・助川著「食べる-七通の手紙」だ。
この本は、宮沢賢治、川崎のぼる、ポル・ポト、チャールズ・ダーウィンなどの7人に対して、食と絡めた七通の手紙という形式をとったエッセイである。
とまぁ、こう書いてしまうと、
「はあ・・・なんか意味分からんけど・・。」
なんて言われそうだが、この本の中身は凄い。
著者の感性の豊かさと、話の構成の上手さが際立って、一編毎に唸ってしまう。
単純な食べ物のエッセイだと思って買ったのだが、いやいや・・・読み応えのある一冊でした。
投稿画像
昨日は、恒例の高知市納涼花火大会でありました。
本来は9日のよさこい祭りの前夜祭での開催予定であったが、台風のために昨日に延期されていたのだ。
オヤジも久しぶりに最初から最後までノンビリ見物した次第。
女房殿曰く、
「花火ってのは綺麗なのは当然だけど、音の迫力がいいのよねぇ~。」
との事。
まったくその通りです。
投稿画像
画像は先週読み終えた奥田英朗著「家日和」だ。
これ、なかなか良かった。
短編集だが、全てが家族小説で、ヤバイ状況を描きながらも全てが暖かい。
現代の家族の日常が感じられて読みごたえがある。
「オヤジがもう10歳若かったら、より心に響いたかも知れない。」
なんて思う次第。
今年読んだ本の中で、BEST5に入るくらいの良い作品でした。
投稿画像
台風11号は久しぶりに高知県直撃で、まぁ風は吹く、雨が酷い、その上夜半から明け方にかけてだったので、色々と被害が出ているようだ。
んで、台風一過、晴れたもんだから昨日は午後からよさこい祭りの本祭。
オヤジも近所の菜園場商店街へ見物に行ってきた。
画像がイマイチで申し訳ないけど、普段は夜の見物なのに今回は昼間で、コレはコレでなかなか面白うございました。
高知に夏が来たねぇ!
投稿画像
先程桂浜へ行ってきた。
そう、台風11号が近づく中、波を見に行ってきたのだ。
完全なる馬鹿夫婦である。
でも、正直迫力満点で面白かった。
さ~~て、問題の台風は、このまま行けば今夜遅くに高知県へ上陸のコース。
我家はベランダを片付けたり、食料を買い込んだりと備えだけは万全。
どうなることか?なのだ。
投稿画像
高校生の三男は部活でバスケをやってる。
で、練習でよく足を捻挫する。
10日程前に足をひきずりながら学校から帰ってきたので、
「またひねったか?」
くらいに思っていたら、今回は重症。足首の靭帯損傷であった。
で、画像は腫れが引くまで足にはめているサポーター。
腫れが引けば、ギブスとなる予定だ。
本人は一ヶ月程部活が出来なので、退屈この上ない模様だ。
その間に勉強にでも励んでくれれば良いのだが・・・まぁ無理でしょ。
投稿画像
画像は由良弥生著「大人もぞっとする初版『グリム童話』」だ。
女房殿が以前買ってあった本で、面白そうなのでチョイト拝借して読んだ次第。
グリム童話は版を重ねる毎に子供向けに内容を変え、かなりの版を重ねて今の形になった短編集との事だ。
そして面白いのは、初版では、我々が知っている有名な話でも、かなりエロ・グロの世界が満載だったという事だ。
「これじゃぁ子供を夜寝かしつけるのには使えないわなぁ・・。」
なんて思いながら、一気に読ませてもらいました。
投稿画像
昨日からバカみたいに雨が降ってる高知市である。
高知市全域に避難勧告が出されていて、結構ヤバイ状況なのだ。
画像は昨日の緊急速報。ツイッターで被害状況をチェックしてたら、突然警報音と共に、こういうメッセージが出る。昨日は何回もコレがあった。
まだ、市内全部の被害状況は不明で、JRも高速も国道も全部ストップしてる事くらいしか分からない。今日も一日雨が降るとの事。いやはや・・・なのだ。
投稿画像
コレ、今現在の高知市の「鏡川」。
我家の近所を流れてるので撮影したけれど、結構ヤバい状況。
郡部には避難勧告が出たりと、台風12号の影響で昨日から延々と雨が降き、合計の雨量は900ミリを超えている。
でも、テレビではほとんど報道しない。田舎は損である。
東京で同じ量の雨が降れば、大騒ぎになるだろうに・・・。
いやはや・・・なのだ。

土佐のオヤジ

プロフィール画像を表示
南国土佐で生活している50代の普通のオジサンです。
rss

PIYOトモ一覧