FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
とりとめのない会話すら愛しくて何時間でも話せたあの頃
簡単に変われるなんて思わない諦めようとも思わないけど
さよならを言いだせなくて行くあてもなく歩いてる私もあなたも
どーにもならないからやるせない
向かい側一番線に立っている私の彼と知らない彼女
最低な言葉押し込め泣いたって辛いだけよね壊してもいい?
嘘だって気づいて欲しくて吐く嘘にまだ気づかないあなたが憎い
意地悪な私の嘘に気づかないあなたが嫌い気づいてよねえ
いらないことを言いそうになる
ころころと変わる態度についてけずもういいかって投げ捨てた恋
ここからは見えない君の住む町の緑と空が少し恋しい
大丈夫かと問いかける君にまた大丈夫よと嘘つく私
言いかけた言葉飲み込みにこやかに笑った少し軋んだ心
ごめんねを繰り返してるいつまでも届かないけど届けばいいと
最善をいつも探しているけれど失敗ばかり重なっていく

朱音

プロフィール画像を表示
専門学生になりました

相変わらずな日々

ぼちぼち短歌やら、呟きやらを更新中

かなり自己満足のスペースです

*青が短歌、詩
 紫が呟きだったり・・・

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード