FC2ミニブログPIYO

昨日の朝、偶然見たNHKの短歌の時間で放送された歌が引っかかっていました。

曼珠沙華(まんじゅしゃげ=ひがんばな)葉を纏ふなく朽ちはてぬ 咲くとはいのち曝しきること (斉藤史)

この執念、「灰になるまで」を思い浮かべてしまいます。新聞を開くと寂聴さんの「奇縁まんだら」に江國滋さんの辞世の句が載っていました。

おい癌め くみかはそうぜ秋の酒

男は何とあっさりしたことか、と思わずにはいられませんでした。

コメント欄を閉じる

まほろば

プロフィール画像を表示
ネットにへばり付いて、まともに仕事してない気がする。ネット中毒になってしまいそうなチュウ年男
rss
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PIYOトモ一覧