FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
東映動画が本格的に長編まんが映画を制作し始める以前、および東映動画の初期の作品では、アニメソングは主に登場人物によって歌唱される劇中歌の扱いが多く、主題歌はテレビ・ラジオドラマで主に使用されていた。
日本のアニメソングの歴史は、1929年、レコード・トーキーによる実験映画『黒ニャゴ』(1931年公開)が製作され、市販のレコードがサウンドトラックとして使用された事が始まりと言われている。
『アーチーでなくっちゃ!(英語版)』のキャラクターによって結成された架空のバンド「アーチーズ(英語版)」が、モンキーズらを手がけたドン・カーシュナー(英語版)のプロデュースによって現実世界でもデビューし(実際にはスタジオ・ミュージシャンらによる歌唱)、1969年にシュガー・シュガー(英語版)」が大ヒットした。
1932年に「ベティ・ブープ」の劇中歌としてキャブ・キャロウェイが歌った「ミニー・ザ・ムーチャ」(Minnie the Moocher)は、後にコットンクラブで演奏されるなど当時のアニメソングとしては異例の大ヒットを飛ばした。この曲でキャブの名声は不動のものとなり、彼の代名詞となる。
ウォルト・ディズニー・カンパニーのアニメーション作品で、オリジナル曲の第一号は、1930年の「ミニーのユー・フー!」(Minnie's Yoo Hoo)である。この曲はミッキーマウスのテーマソングの一つである。
アニメ作品で使用される主題歌・挿入歌・イメージソング以外にも、インスト曲やBGM、ゲーム・ラジオドラマ・ドラマCD・声優・特撮などの曲もアニメソングと称されることがある。例えば日本コロムビアの該当カテゴリは「アニメ・特撮」である。また特撮に限定した「特撮ソング」という呼称もある。
また、おたく文化の象徴としてのアニメ、および類似するコンテンツの歌曲、楽曲の総称としてマスコミなどで使用されることもある。
単語の成り立ちは、日本でのアニメーション (animation) の略語であるアニメ (anime) と、歌、曲を意味するソング (song を組み合わせた新語または造語であり、英語圏では使用されない和製英語である。
アニメソングは、主にアニメ作品で使用される主題歌・挿入歌・イメージソングなどの歌曲、楽曲の総称。略して「アニソン」とも称される。レコード、CDの販売やインターネット配信で、主にアニメと分類されるジャンルの曲を指す。
オープニングアニメ同様、近年の作品では主題歌の歌詞はほとんど表示されなくなった。
また敵役など、主人公以外の登場人物をテーマにした映像・曲が扱われる例もある(タイムボカンシリーズの各作品での3悪など。)。
OPはこれから作品が始まることを示すためにあるのに対し、EDは基本的には担当声優などのテロップ表示のために存在している。そのためOPで全てのテロップをまとめて表示するアニメにはEDが存在しないことも多い。
オープニングアニメーションと比較すると感慨深くどこか静けさを感じる曲が起用されることが多い。アクションやロボットアニメではヒロインの心情など、メッセージ性が強調されており、どちらかと言えば勢いやカッコよさを追求したOPよりもじっくり物語に浸っている仕様が多い。
EDアニメが挿入されるタイミングは大きく分けると、本編終了後、続けて流れる、本編終了後、CMを挟んでから流れる、の二種類になる。また本編の後半からEDが流れ始めてそのままEDに流れるケースも増えてきている。
EDアニメは、主題歌などにのせてクレジットタイトルを流す。そのため、画面にはクレジットを入れるための大きなスペースが取られ、アニメーションの動きは比較的少ない。止め絵やイラストのみのが使用される場合もある。

増井万帆

プロフィール画像を表示
アニメ・漫画大好きな中学二年生の増井万帆でーす☆私がオススメする面白いアニメやマンガをたくさん紹介していきますので、皆さんチェックして見てくださいね!フォローしてくださる方も大歓迎です☆アニオタな私ですが是非よろしくお願いします☆
rss

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード