FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
そうして、今年は本厄なので先輩とともに厄払いへ。


向かった神社で飼われている犬は子宝犬らしいですよ。

先輩
「子宝犬らしいよ」


「マジスカ!!じゃあ…これで私も子宝に…」

先輩
「子宝になる前に3段階くらい抜けているよ」


「えーと、1.付き合う~2.結婚する~」
「3.がー……それなりの行為をいたす~」


先輩
「ソウダネ」



アカン。
新年あけて1ヵ月が経過したところで。
残業で泣いていたら

ハマーン先輩
「パンあげるよ」


「いや、私はいいから後輩君にあげて★」

ハマーン先輩
「えっ!だめだよ!!だって賞味期限昨日だもん」
「後輩君にはあげられないよ><」


「おい」


この、私なら賞味期限切れていてもいいけど
後輩君はダメとかいう、扱いの差。



嫌いじゃない。
前厄を堪能しすぎて涙目なオレッチ。

来年は厄払いとかした方がいいですかね。
来年の話したら鬼が笑う略して「オニワラ~」なんですかね。

今日はハマーンの様なもの先輩と、前任の先輩とランチしました。

ハマーンの様なもの先輩のお子さん:
「ねぇおっぱい触ってもいい?」

ぐ:
「おぉ?」

ハマーン先輩:
「だめっ!グのおっぱいは手つかずなんだから」

ぐ:
「 」

ハマー:
「まだwww手つかずwwwだからwww」

ぐ:
「おう、ちょっと外に出ろや」
大学同期の鳴音と買い物に出ました。
珍しく外出ゆえに、雪模様です。


素敵な雑貨を見つけ、よくよく見てみると
静電気防止の機能もあるようです。




「飾りってだけじゃないのね」


「そうね。飾りじゃないのよ…」


「涙は」


「はっはーん。」

二人
「・・・・・・」


「好きだと言ってるじゃないの」


「ほっほー」


あー。といえば、うん。
ツーといえば、カー。
仕事でとある役所に向かったのですが。
書類受け取りのサインを書こうと思ったのですが。


ぐ:
「あれっ、サイン…」


受付の方:
「あ、サイン(書かなくても)いいです」


ぐ:
「えっ」


受付の方:
「面、割れてるんでwww」


ぐ:
「えっ…」




_人人人人人人人人_
> 面、割れてるんで <
 ̄Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y ̄
長期間抱えていた重すぎた肩の荷がだいぶ下りたので
今日は暴言を吐くことなく仕事ができました。


ハマーンの様なもの先輩:
「重圧から解き放たれて今日は精神安定しているね」

ぐ:
「もう暴言なんて吐かないよ。コーヒー淹れますね~心はいつも清らかに~」

ぐ:
「心はいつも清ら…」



じゅわっ

(淹れたてコーヒーのガラス容器が腕にあたる)


ぐ:
「あっちーな!!!クソがぁ!!!」


清らかに。
ほんとはみちのく独り旅についてうんぬん書こうと
かれこれ1週間近く思ったけど、思い続けていたけど
脳みそパーンすぎてうまく文字を打ち込めないズラ。


とりあえず、かくかくしかじかで宴会の席次レイアウトを
一生懸命探していたところ、ヒットするのが



結婚披露宴の席次表とかペーパーアイテムとかそのへん。


ぐ:
「いらいらするぜぇぇぇ」

上司:
「wwwwww」

奥様:
「諦めないで!!」



そんな残業の夜もあったりなかったりラジバンダリ
仕事中。

業者の方と話をしていると
アレコレ教えてくださったので
メモを取ろうと思いました。


が。


書くものはあるけど書かれるものがない。



とりあえず手のひらにメモメモメモ。



んでもって、アレコレドレソレを転記してから




「しまった。油性だ!!!」



私の手のひらにはまだ書き残された


『コピーのつつみ』


という偽りのダイイングメッセージ。





謎はスベテトケタ!!(゚□゚;)
職場に郵便物が届きまして。

様々な郵便物に混じって・・・





ぐ:
「奥様!こ、これっ…(所長宛の)け、けっこんしきの…招待状です!!」


奥様:
「ぐ。さん・・・」

ぐ:
「はい・・・」


奥様:
「諦めないで!!!」


ぐ:
「ふぁい・・・(白目+棒読)」


こんなとき、どんな顔をしたらいいのか…


とりあえず、笑えばいいのかな…




私はうまく笑えていただろうか…。
投稿画像
へへ…へ…

みちのく…独り旅…
一人じゃなくて独り…。


アリーナ席カモォォォォーーン。


いくぞーアリィィナァァァァ(ノ゚д゚)ノ



雨が降らないことを祈るばかり。
事務所にて。


奥様が私の耳元で囁く・・・ssyk


奥様:
「ぐ。さん、蜘蛛がいる・・」

ぐ:
「えっ。」

奥様:
「蜘蛛が・・・」

ぐ:
「・・・」

奥様:
「・・・」

ぐ:
「・・・駆除してきますね」
(内なるぐ。の心:「囁き奥さん・・・」)


ぐ:
「駆除完☆了ッ」


奥様:
「(*´∀`*)」



ついに虫の駆除を任され始めた自分、嫌いじゃないです。
ハマーンの様なもの先輩が、お客様から温泉チケット?を大量にいただく。


ハマーンの様なもの先輩:
「Mくん、彼女と温泉行くならチケットあげるよ」
「Sくんも彼女と温泉行くなら言ってね」
「ちゃんと『彼女と温泉に行くので』って言ってね☆」

チラリと私の方を見て目を反らすハマーンの様なもの先輩。


ハマーンの様なもの先輩:
「温泉とか、ゆっくりいきたいなー」


行き場のない、差出した私の手。

ちゃんとエア彼氏と行くからチケットくれてもいいんだ、よ…?
盆休みの代休がありました。

大学の同期、鳴音も代休消化のタイミングだったので
休みを合わせて映画見に行こうぜ、ってなことに。

スタンドバイミードラちゃんと、るろ剣…?
むりじゃね?原作は超えられなくね?
てかワテクシ地味に3Dとか酔うんだよね。
3Dメガネとか…メガネonメガネになっちゃうよね。

ぐ:
「…まれふぃせんとしかなくね?」

鳴:
「マレフィセントで」


マレフィセントで二人が学んだことは
「真実の愛などない…」「男ってやつは…」
病院まで搬送してくれたハマーンのようなもの先輩様に
おわびとお礼をしよう。


心ばかりの。


シャカイジン の はしくれ と して。



「職場でつまめるおやつセット」

をテーマに、うつろな目で街中をうろうろしてみたのだが
メインに置いたのが


「妖怪ウォッチふりかけ」

な時点でだいぶ失敗だと思うの。


でもふりかけ見た時点でこれしかないと思ったの。



人間だもの。
トッキュウジャーを気取っていたけど、
朝から右耳の耳鳴りがひどかったのよね。

ずっとG音が鳴り響いているワテクシのみぎみみみみみ。


夕方、恐ろしいほどの眩暈と吐気に襲われて
ハマーンの様なもの先輩様に病院まで搬送してもらう。

眩暈したと思ったら、気づいたら車に乗ってたよ(〃ノωノ)エヘエヘ

色んな器具機材を付けられて検査され、
ぼーっとしててちゃんと聞いてなかったけど
診療代バカ高かったりまいっちんぐどすぇ。クソッ!


とりあえず薬が苦い不味い辛い。

グ。

プロフィール画像を表示
そうだコンカツシヨウ(棒読)

飽きたらそっと消えるし…。

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード