FC2ミニブログPIYO

お疲れさんは 彼と彼女二人で昼食。そこで私の落ち度とやらを・・。
何も知らずに、私は一人待っていた。

その夜 また喧嘩。夜中に黙って家を出た。

翌日も連絡もしなかったし、帰らなかった。彼からも来なかった。

彼は彼女のところに行って ご飯を食べてその晩から泊まりはじめた。

いっしょに暮らせないと言われたし、私も もう いっしょに暮らすことはできないと思った。

夏の夜燃やした庭木の白い灰

コメント欄を閉じる

某 案山子

プロフィール画像を表示
プログに写真と俳句をのせました。
よかったら、見てください。

よろしくです。

幽霊ですので 足跡は残せませんが、悪しからず
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PIYOトモ一覧