FC2ミニブログPIYO

  • 2017.5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
【シュウ2主】情報を集めて予測し、どう動くかを決める。それが常の仕事ではあるが…一筋縄ではいかないのがこの少年だ。単純な思考の持ち主であるはずなのにな。叱って嬉しそうな笑顔を見せられたときは驚いたものだ。枠に入りきらないその器。だからこそ…惹かれたのだろうな。 #1日1SS
【トル主】宵闇広がる空の下。輝き初めた星が重なり月が交わる。会いたい。君に――あなたに、会いたい。時を隔てた二人の強い想いに引き寄せられて、落とした涙の煌めきが幻を一時の現へと変えるのだ。瞳に映る互いの姿。藍色に焼き付けながら手を取って。“現実”を抱き締める。 #1日1SS
【トル主】「あれ?」声をかけてきたロルフに人差し指を立てて静かにするように促したのは、俺の腿を枕に眠ってしまった少年のため。表情に疲 れが見えるとは思っていたが、少し身体を動かしただけでこうだとは。…ここでくらいゆっくりとお やすみ。俺は君の夢の守人でいよう。 #1日1SS
【トル主】俺を呼ぶ声が聞こえる。夢だと初めは思っていたけれど、日に日に大きさを増すそれに幻なんかじゃないと心が叫び出す。今、会いに行きたいのに。君の傍で、君をこの手で守り助けたいのに…っ!この思いがどれほど強くとも、決して開かれはしない扉の前で膝をつくしかない。 #1日1SS
【トル主】『いつかまたここで』その約束があったから頑張れた。あなたの声と笑顔…結んだ指先の温もりを覚えてたから…立っていられたんだ。でも…。「…会いたい…っ…」堰を切ったように溢れるモノと同じ様に、はらはらと舞い散る薄桃色の花びらたち。約束の場所で…あなたを待つ。 #1日1SS
【トル主】交わるはずない世界が時代樹を通じて、戦いの果てにそれが全く別々に別れたというなら、新しい百万世界もまた生まれたはずなんだ。おれと君が同じ時間を生きる世界。それがおれの目の前に広がるモノだと信じて。同じ青い空を見上げているだろう君を探して、おれは旅立つ。 #1日1SS
【トル主】好き。本当の気持ちは言わなかった。ううん、言えなかった。後悔してないって言えるほどぼくは強くないけど、それ以上にトルワドさんに会えたことが嬉しいんだ。だからもう二度と会えなくても、出会わなければ良かったなんて思わない。この奇跡のような運命に…感謝してる。 #1日1SS
【シュウ2主】今だけ。終わりを知っていて止められなかったこの想いに応えてもらえただけで十分だ。その幸せはきっと一生俺に痛みを与えるが、また俺を温める灯火にもなる。引き止めたいと叫ぶ本心を押し込めて見送った背中。溢れ出しそうになる想いを俺は必死に握り締めて砕いた。 #1日1SS
【シュウ2主】今だけ。わかっていた幸せの時間の果てに、ぼくの背を見送るあなたにどれだけ抱きついてしまいたかったか…あなたは知ってるよね。でも、その他全部を捨てられるほどぼくは強くなかった。それでも心はあなたを求めて、夜毎幻を見せるんだ。あれは夢。幸せだった日々の…。 #1日1SS
【クレパス】いつもと変わらない…明日は何時に起きてバイトに行 くとか、朝ご はんは何がいいかとか…日常的な会話をしていたはずなのに。「おや すみ」いつもと変わらない君の笑顔を見送った後、顔が真っ赤に染まってた。…あぁ、そうか。そうなんだ。これがやっと気づいた恋心。 #1日1SS
【トラパス】素直になるのが吉。…なんて言われたって、なれねぇもんはなれねぇんだから仕方ねぇだろ!『その素直になれないとこが逆に素直って言えるのかもね』って、マリーナみてぇにあいつが聡いやつなら苦労しねぇっての!あー…くそっ!望むなら、いつかは覚悟を決めなきゃな。 #1日1SS
【トル主】それは未来を閉ざすこと。希望の光を消してしまうことだって、ぼくだってわかってた。けれど、あなたと出会った奇跡が、ぼくの一番を変えてしまったんだ。得られる幸せは一瞬かもしれない。先に広がるのは暗闇しかないかもしれない。それでもぼくは、あなたと共に生きる。 #1日1SS
【シュウ2主】“いつか”必ず別れがやってくるって知っているから、あなたはぼくの手を取ろうとはしなかったけれど、あなたが存在しているのに傍にいられない方がぼくには嫌だったんだ。…ごめんね?辛い道を選ばせて。でも、ありがとう。おかげでぼくはずっと…ずっと幸せだったよ。 #1日1SS
【坊2主】死という選択肢はなくとも、本当の意味では生きていない、ただ流れるままにひっそりと存在していた僕を釣り上げたのは君だった。ちゃんと息をしろと、人間として生きろと全力でぶつかってきたのは君だけだった。…今さら僕から逃げるなんて許さない。責任とってもらうからね? #1日1SS
【シュウ2主】一度は離れたぼくたちだけど、こうしてまた一緒にいられることが嬉しくて堪らないのは、きっとぼくだけじゃない。義務じゃなく、誰に強いられるものでもない。お互いが望んで傍にいる今が本当に幸せなんだ。「シュウ」「どうした?」「あの…ね?」ずっと…大好きだよ? #1日1SS

リューラ

プロフィール画像を表示
140字SS等の創作倉庫。ジャンル色々ごった煮です。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません