FC2ミニブログPIYO

  • 2022.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
【トル主】俺と同じ色の瞳からポロポロと零れ落ちる透明な雫。血の繋がりを否応なしに突き付けて来るそれにどうしようもない苦さと悲しさを感じつつも、心の奥では歪んだ悦びが小さく燃えているんだ。“俺”が泣かせた。”俺”色に染まる君の涙。それはつまり…君は俺のものだということ。 #1日1SS
【クレトラ】ベッドで昼寝をするおれの耳に届くロングソードを研ぐ音。日々繰り返してきたからこそ出せる規則正しい音に、何でか落ち着く自分がいる。それくらい、こいつと一緒にいて……これからも、ずっと一緒にいる。それが、おれの幸せ。…なんて、こいつには絶対言ってやらねぇけどな! #1日1SS
【クレトラ】『トラップ』夢の中でもお前を呼ぶ“自分”に苦笑しながら、あいつへの気持ち溢れる“自分”の表情や声音に、己の気持ちは揺るぎないものなのだと改めて自覚する。あいつはおれの手を取ることなく耳を塞いでしまったけど諦めたりはしない。何度でも伝えるよ。お前が好きだって。 #1日1SS
【クレトラ】おれに伸ばされる手に手を重ねようとした瞬間。『トラップ』優し気な声に呼ばれて慌てて耳を塞ぐ。それは麻薬のようにおれの心を揺らす誘惑の音。夢の中だからこそ現れる深層心理。わかっているからこそ足掻くしかない。あいつは幼馴染の親友で相棒。それでいいじゃねぇか、な? #1日1SS
【クレトラ】起き上がる力のない身体で、おれを必死に見ないようにして怒っている姿がまた可愛いんだ…。だからってわけじゃないが、怒らせることがわかっていても気を失うまでやっちゃうんだよな…。さぁて、と。この最愛の“お姫様”のご機嫌を直すため、ここからがおれの腕の見せ所だ。 #1日1SS
【クレトラ】自分の気持ちすらままならねぇってのに、他人の気持ちをどうこうなんてできるわけがねぇ!って結論に至ったおれは、相手に同じ気持ちを求めねぇことにした。そしたらスッキリしたんだよな。…つまり、だ。お前の『愛』が欲しいわけじゃねぇ!「欲しいのは『お前』だってんだ」 #1日1SS
【クレトラ】幼馴染で親友だった時から、こいつの隣はおれの場所だって思ってたが…それが『特別』に思ってるからだって気づいちまったのは、他の友人たちへの感情との違いを自覚したからだ。最初は認められなかった。けど、どうしたって想いを消せねぇなら。…開き直るしかねぇだろ。なぁ? #1日1SS
【クレトラ】んな暑い日に力仕事をなんかやってられっか!と逃げ出すところを捕まって、家の周りの草取りやなんやらで半日も働かされちまった。「やーっと終わったな」爽やかな顔でそう言いながら額の汗を拭う姿に心臓が跳ね、思わず顔を背ける。…くっそ…なんでそんなにかっこいいんだよ…。 #1日1SS
【クレトラ】昼に灯ってしまった欲望を満たそうと頼んでみたら…。「…おめぇ、そんだけで終わんねぇだろ?」言われてドキリとする。「こっちの負担考えろよなー?」…でも、途中からお前だってノリノリで『もっと』とか言ってくるじゃないか。という言葉は飲み込んで。ただ、大人しく待つ。 #1日1SS
【クレトラ】奢ってやった棒状のアイスに上機嫌で齧り付く姿に『かわいいな』と頬を緩めていたら、舌を出して細長いそれ舐め上げはじめる。色っぽい雰囲気なんか全くないのに思わず体温が上がってしまうのは…仕方ないだろう?わかっててやってはいないと思うけど…今夜は覚悟しておけよ? #1日1SS
【クレトラ】日射しも次第に強くなり、蒸し暑さも増していく中、暑さに強くないトラップはぐったりと溶けるように部屋で寝転がっている。「…アイスでも食べに行くか?」「!!」ガバッと跳ね起きる姿に思わず笑みが溢れた。「おめぇの奢りだよな?」「今日はな。次はお前が奢れよ?」 #1日1SS
【クレトラ】「あ…れは特別だ!」誕生日プレゼントにしてくれたコトを思い出して赤くなるトラップ。おれは敢えて口にされなかった特別の理由をいいように解釈して…。「え?おれが特別」“違う”と。続くはずの言葉が続かなかったことが嬉しくて、朝まで腕の中にあった細い身体を抱きしめる。 #1日1SS
【クレトラ】最初は嫌だやめろと抗っても、力でおれには敵わないトラップの両手を片手で封じて裸に剥き、こいつのせいで台無しになった生クリームをたっぷり乗せてやる。それを舌で舐め続けるうちに抵抗が止み…。「…っ、ぁ、んっ…」可愛いおねだりが見られるのは、きっともうすぐのこと…。 #1日1SS
【クレトラ】最初は自分にないものを持つあいつに、憧れと尊敬の念を抱いているだけだった。それが変質したのはいつだったか。誰にも見せるもか。お前が見ていいのはおれだけだ。その笑顔も、声も、髪の一筋も。身体も、血の一滴さえも…おれのもの。食べてしまいたいほどに恋しくて。 #1日1SS 7.28投稿
【クレトラ】雲一つない真っ青な空の下、幼馴染の真剣な瞳の前で鼻で笑ってやる。「『愛してる』だって?」…本気だってことはその目でわかった。それでも、こいつの“未来”のためにおれが選ぶ道はひとつしかねぇだろ?「残念だな。おれは大っ嫌いだ」…あぁ、くそっ。嘘よ誠になりやがれ。 #1日1SS 7.18投稿

リューラ

プロフィール画像を表示
140字SS等の創作倉庫。ジャンル色々ごった煮です。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません