FC2ミニブログPIYO

  • 2017.4
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
【Wリーダー】あー…倒れるな、あれ。と思ったけどそれを敢えて見守って、鈍い音を立てて机に額を打ち付けたリオウにクスクス笑う。「うぅぅ…見てたなら起こしてくれても…」「そうして起きた方が二度寝しないよね?」そう今までの経験を述べたら、彼はモゴモゴと言葉を飲み込んだ。 #1日1SS
【2主従】ゴンッ!「い゛っ…!」視界に星が散る程の衝撃の後、脳天から痛 みが広がって、それを与えた分厚い本を持つシュウを睨みつける。「何すんだよ!バカになるだろ!?」「それ以上馬鹿になりようがないから安心しろ」…いっ、居眠りしたのは悪いけどさ!この扱いはなくねっ!? #1日1SS
【シュウ2主】シュウが葛を撫でるのを見てうらやましいって思ったよ。思ったけど…実際に頭を撫でられたらすっごく恥ずかしくって!う、うれしかったけど…顔があっつい!そこにクスリと笑うシュウの声が落ちてきて堪らず逃げ出した。「またいつでもこい」ううぅ…シュウのいじわる! #1日1SS
【2主坊】どうしてもあなたを止められないなら無理はいいません。でも、ひとつだけお願いがあります。別れの言葉は言わないで。ぼくは…またあなたに会うつもりですから。明日にだってまた会える…そう思っていたいんです。――今は、その背を見送って。いつか必ず追いつくから。 #1日1SS
【2主坊】自分を無くして、感情を切り落とし何も考えない。ただ息をしているだけでしか存在できなかった。でもそれは、ただ本音を隠して。嘘で飾らなきゃ生きていけなかっただけなんだ。共に歩いてくれる人が欲しかった。誰かをまた好きになりたかった。それをくれたのは――君。 #1日1SS
【2主坊】誰か連れ出して、僕を。――その小さな声に気がついたのは君だけだった。…嫌がる振りしながらもホッとしたんだ。世界がまた僕を受け入れてくれた、と。生きていていいんだ、と。そう思えて。もう苦しくない。君が新しく吹き込んでくれた風が楽に息をさせてくれるから。 #1日1SS
【2主坊】あなたがいない。それこそが闇の中。あなたこそ光なんだ。マクドールさんがいてくれるだけで強くなれる。何が起きても乗り越えられる。だって、あなたが大切だから。心のままに生きましょう?ぼくが守ります。だから『一緒にいましょう?』…あなたに手を伸ばし続ける。 #1日1SS
【2主坊】僕は闇。死の国に生きる僕が、太陽みたいな君の手を取れるはすがない。その輝きを失わせてしまったら生きていけないよ。だって、君が大切だから。君が光を失わずに生きていてくれれば。その事実だけで永遠も怖 くない。だから『君といたい』…その気持ちは消し去って。 #1日1SS
【2主坊】君の名前を呼ぶことすら怖 い。そんな時もあったけど、今はもう君の名を呼べないことの方が怖 くてたまらない。新しい“はじまり”をくれたのは君だから。君がいなければ意味がないんだ。どうかいつまでも僕に名前を呼ばせて。そして、僕の名前も呼んで。笑いかけて。 #1日1SS
【2主坊】季節が変わる。その美しい色合いに気づけるようになったのは、君がそのことを教えてくれたから。炎のように、曼珠沙華の燃え咲く大地に立ち尽くし、進む先を見失っていた僕の手を引いたのは君。動かなくなった心に光を取り戻してくれたのも君。僕の世界は君…そのもの。 #1日1SS
【2主坊】あなたが逃げ続けるなら、ぼくはそれを追いかけるだけ。だって、逃げてることがぼくを意識してる証拠でしょ?だから、どこまでだってついていって伝え続けるんだ。大丈夫だって。絶対負けたりしないって!あなたは何も気にせず傍にいてくれればいいんですよって。ね! #1日1SS
【2主坊】君に僕の何が見えているって?その目に映る僕は僕じゃない。…そう言い聞かせてきたけどね。君には見えていたんだって知ったのは、逃げ続けた果てに君の腕に捕らえられてから。君は見ていてくれたんだね、本当の僕を。…その温もりで安心できた自分が…とても、嬉しい。 #1日1SS
【2主坊】ぼくが今も生きていられるのはあなたがいるから。辛 いことも悲 しいことも塗り替えてくれるほどの幸せをマクドールさんがくれるから。傍にいてくれるだけで…笑っていてくれるだけでいいんです。それを守るためなら何だってできるくらい、あなたのことが大切なんです。 #1日1SS
【トル主】昨日別れ際に見た顔が気になっていたが、自分から会いにいくこともできず、できることは何かと考える。直に渡せなくとも、君の時代に残るもの…。砦で俺が使っている部屋は君の部屋。その天井に遺す星の光。見上げればいつもそこにいる。…だからどうか笑っていてくれ。 #1日1SS
【シュウ2主】ジッと見つめられてたら逃げたくなるのに、お仕 事に一生懸命だったり、他の人と話してたりすると、なんかソワソワモヤモヤしてくるのは何でかな…?そういう時、シュウのことこっそり見てると、決まって視線が合うんだ。恥ずかしいけど…ね?…ちょっと嬉しい。 #1日1SS

リューラ

プロフィール画像を表示
140字SS等の創作倉庫。ジャンル色々ごった煮です。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません