FC2ミニブログPIYO

  • 2022.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
【クレトラ】小さい頃から少しずつ変化してきたおれの夢。叶うはずないと思って心の中だけで想像し続けた、そうだったらいいなっておれの願望の現れ。まさか、それが今、目の前にあるなんて。頭の方がついていかねぇ…。「こんなの、夢だ」「夢じゃない」「嘘…」「紛れもない…」現実だよ。 #1日1SS
【現パロ坊2主】「待ってください~!」追いかけてくる後輩に『昔』の姿が重なって思わずクスリと笑ってしまう。「何笑ってるんですか?」「んー?」君は何も覚えていないけれど、君は君だね。僕が好きになった君のまま。でも…。「内緒だよ」教えてなんかあげないよ。君が思い出すまでは。 #1日1SS
【トル主】あり得ないと何度も打ち消しても消すことのできない望みがある。そしてそれは、君にとっては現在(いま)であり過去かもしれないと思うと、己が超えられない時代の壁に歯噛みするしかない。それでも。いつか、君と同じ時を生き、君の隣に立つ未来が来ると…夢見てもいいだろうか。 #1日1SS
【テッド】長いこと生きていると、叶わない…叶えちゃいけないと諦めるのも早くなるもの。望みを持つだけ自分が傷つくのを知っているからこその防衛本能なんだろうけど…。それなのにこれはなんだ?夢か…?想像すらしないようにしていた未来が今、目の前にあって……思わず手を握りしめた。 #1日1SS
【坊2主】柔らかな太陽の光が降り注ぐ青空を見上げながら、思い出すのは君の笑顔。そうして苦笑する。だって、気がつくと最近君のことばかり考えているんだから…。自分の都合で君と別れて旅を続けるって道を選んだはずなのにね? 早く追いついておいで。再会の日が待ち遠しくて堪らない。 #1日1SS
【テッド】…あぁ、まさか。こんな時に思い出すなんて。走馬灯ってもののすごさに内心で驚きつつも微かに目を見開くしかできない今の自分に苦笑するしかない。『運命』なんて信じていないのに。ずっとずっと翻弄され続けてきたって言うのに。…それでも今、そいつに感謝せずにはいられない。 #1日1SS
【親友】「この花の花言葉知ってるか?」そう言って君が教えてくれたのは『独立』と『情熱』の二つ。一面に咲き出した燃える炎のようなそれを見ながら苦笑する。『悲しき思い出』…それはまるで今の僕を表しているかのような言葉。そして…『あきらめ』。きっと君が敢えて伝えなかった、言葉。 #1日1SS
【テッド】あの日のおれがいなければ、今のおれはいないだろう。こんな風にあの頃のことを思い出せる日が来るなんて想像もしていなかった。……この幸せは一時のことだとわかってるさ。それでも、この幸せに出会えない人生はもう考えられないし、考えたくもないんだ。…ありがとな、おれ。 #1日1SS
【テッド(坊視点)】あ、れ…いない…?夜中に目が覚めたら親友が隣から消えていた。探しに出てみれば闇の中、淡い光に囲まれて笑う君がいた。…まるで、誰かと話しているみたいだ。まるで、どこか遠い世界で笑っているような君。近づけば壊してしまう気がして…ツキリと痛む胸を押さえた。 #1日1SS
【2主坊】上目遣いでこっちを見るあざとい姿に内心でため息を吐きつつも、褒めて欲しいと期待する瞳に応えないわけにもいかないだろ?「…よくやったな」ポンと頭の上に置いた手でヨシヨシと撫でれば、嬉しそうに笑った顔が近づいて…。「…っ…」……あー…こいつも成長したもんだ…。 #1日1SS
【坊2主】「どうかしましたか?」首を傾げる仕草が可愛くて、手招きして呼び寄せたリオウの頭を両手でワシャワシャと撫でる。「わっ、わわ!」最初は驚いていたけれど、そのうちに気持ちよさそうに目を細めて笑うから…。チュッ。すかさず盗む唇ひとつ。驚きに見開かれた瞳に微笑んだ。 #1日1SS
【トル主】帰したくない。心の奥に押し込めていても、どうしても消すことのできない望み。その想いが帰ろうと立ち上がる君の腕を取り、引き寄せ、腕の中にその身体を閉じ込める。「トルワドさ…んぅっ」呼ぶ声ごと飲み込んで。駄目だと止める自分に『もう少し』と言い訳しながら君を味わう。 #1日1SS
【トル主】気が付けば空を見上げている自分がいる。そこに君はいないのに、目が勝手に君の色を求めてしまうんだ。昨日も今日も。いつかまた君に会えると言い聞かせて旅を続け、どれくらい経ったか…。ようやく君に似た空に出逢ったその日。望む奇跡は絶対に叶うと心から信じることができた。 #1日1SS
【2主坊】『特別』を作ることを避けていたはずなのにな。おれが生と死の紋章ならオリの存在を次の獲物と思ってほくそ笑んでいることだろう。…それは他人から見れば「枷」のように見えるだろう。けれど、ね? 君という枷なら喜んで。だって、ぼくはもう君から離れられはしないのだから。 #1日1SS
【ゼフォ主】時代樹を使って歴史を変えた分だけ世界は分岐して百万世界になる。前はね?どんな世界も正解で、どう変化したって構わないって思ってたけど…今は、キミがいない世界だけはイヤだなぁって思うようになっちゃったよ。もう、どうしてくれるんだい?キミが責任取ってくれるんだよね? #1日1SS

リューラ

プロフィール画像を表示
140字SS等の創作倉庫。ジャンル色々ごった煮です。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません