FC2ミニブログPIYO

  • 2017.3
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
【シュウ2主】セイに逃げられ続けて何日目か。部屋でため息を吐いていたらアップルが1本の花を持って入ってきた。「扉の前に置いてありましたよ」それは次の日も続いて…翌朝、ドアの前でしゃがみこむセイの後ろ姿を見つけて気がついた。…あの花は、少年からの精一杯のプレゼント。 #1日1SS
【シュウ2主】遠征後に「よくやったな」って頭を撫でてもらうのが好きなんだ。大きな手の温もりと長い指ですくようにいじられる感触に…嬉しさが溢れてくる。もっと撫でて欲しいなぁ…。言葉の変わりにシュウの右手を握って引き留めちゃって…。「どうした?」「な、何でもない!」 #1日1SS
【ルーシロ】シロはドラゴンだった時とは違う自分の手を見つめる。この長い指のお陰で手にとれるようになったものは剣だけじゃない。けれども、自分からは恥ずかしくて握ることができないものがあった。だが…。「しおちゃん、いこ!」繋がれた柔らかな手を、そっと握りしめた。 #1日1SS
【パステル視点/キッスグ】キットンも奥さんの前ではかっこよくしていたいのかな?嫌いなお風 呂にもちゃんと入って、スグリとの再会に備えてた。わたしたちは邪魔しないようにって挨拶のあとは二人にしてあげたんだけど、服で一回拭た手を差し出す後ろ姿が…ね。印象的だったわ。 #1日1SS
【パステル視点/ノル】ノルの手って器用よね〜。あの大きくて太い指で難しいあやとりしてるの見るとすごいなぁってただただ感心しちゃう。わたしもそうなんだからルーミイたちはもっと感動するわけで…。「もーいっかい!」「デシ!」何度も付き合ってあげるのも…ノルだからよね! #1日1SS
【トル主】絡めた指先が離せないのは。このまま時間が止まればいいのにと願わずにはいられないのは、君も同じ。だからこそ俺から断ち切らなくてはいけない、と一瞬力を込めてから離した手で頭を撫でる。「また、な」「はい…っ」…心の中では“また”がなくならないことを祈りながら。 #1日1SS
【坊2主】これは…夢だ。まだ僕に追いついていないミオがこっちを見て笑ってるんだ。夢に決まってると判断できるほどに…君の夢を見る。そんな君の伸ばされた右手が指し示す意味は…一体なんだい?一緒にそっちに行こうって?それとも君がいる場所…?…お願いだから、声を聞かせて。 #1日1SS
【シュウ2主】「曲がっています」軍主なのだから身だしなみには気をつけろ…だの続く言葉を聞き流しながら、ぼくのスカーフを結び直す大きな手をじっと見つめる。ホントはね?ちゃんと結べるんだよ。でも、こんなちょっとのことでもシュウに触って欲しいから…。ね、内緒だよ? #1日1SS
【親友】先を歩きはじめたテッドを見て思わず吹き出す。「ね、髪の毛跳ねてるよ」「え!」普段無頓着でも指摘されるとやっぱり恥ずかしいみたいで、赤くなって後ろ頭を押さえる姿にますます笑みが漏れる。「そういうお前も跳ねてんだろ?見せろ!」バンダナに伸びる手をひらりとかわす。 #1日1SS
【シュウ2主】幸せってたくさんあるよね!お腹いっぱいご はんを食 べるのも、みんなと遊ぶのも、手合わせで勝つのもぜーんぶ幸せ。でも…今一番の幸せは居眠りしちゃってるシュウを見ていられること。それをひとりじめしてること、だ。…もうちょっとだけ、この幸せに浸らせて? #1日1SS
【坊2主】強くならないと。いかに自分の心が脆くなっているかに改めて気づかされた僕はグッと拳を握る。もう、ひとりじゃ生きられないことに気づいてしまったんだ。一緒に生きたい人ができてしまったんだ。君のために。そして、僕自身のためにも。まずは自分を大切にしないと、ね。 #1日1SS
【テ坊】早く離れないといけないことはわかってるのに、もう少しだけ…と後回しにしちまった理由がわかった時は…もうなんて言っていいのかわからない、嬉しさも悲 しさも悔しさもごちゃ混ぜになったような気持ちだった。…全部、お前だったからなんだな。ありがとう。そして――。 #1日1SS
【トル主】あなたがいなきゃぼくも存在しない。その切れない絆が嬉しくもあるけど、だからこそ近くて遠い存在なのが時々悲 しくなる。いつだってぼくに笑いかけてくれる姿はぼくの胸をチクリと苛むけど、だからこそ笑わなきゃと思わせるんだ。一緒にいられる今を大切にするためにも。 #1日1SS
【シュウ2主】ずるいよね。何でもない振りで見送っておいてそんな姿“見せる”なんて。帰 って来て…ううん。迎えに来てよかったって思うじゃないか。「な、ぜ…ここに?」震える唇に名を呼ばれて、悔しいけど喜びしか沸いてこない。「行こう?一緒に」ぼくにもあなたが必要なんだ。 #1日1SS
【シュウ2主】後始末を終え城を後にしたのは数日前。ラダトの屋敷に戻ってから何もする気が起きない己に苦笑する。…いつの間にこうなっていたのか。自ら送り出しておいて“あれ”がいなくては立つことすら儘ならないとは。…全て、だったんだ。お前のために生きることが、俺の…。 #1日1SS

リューラ

プロフィール画像を表示
140字SS等の創作倉庫。ジャンル色々ごった煮です。

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません