FC2ミニブログPIYO

  • 2020.7
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
何をランジェリーに含めるかは、時代と地域によって異なっており、個人の判断でも異なって来る。
ビスチェは、ファウンデーション、ランジェリー、アウターの三つの区分を横断しているとも言える。
ブラジャーは、日本ではランジェリーには含めないが、ブラジャーのベルト部分が非常に長く、ロングブラジャーよりも遥かに長いものは、ビスチェと呼ばれているが、ビスチェの場合、室内で、この姿のままでもよいことになっており、また、ブラウスをそのまま上に羽織り、外出することも可とされている。
ランジェリーは、使用形態から言えば、部屋着・室内着の面と、アウターの下に着る下着という二つの面を持っている。
「部屋着」という分類になると、ランジェリーには含めない別の種類の服飾が存在する。
ランジェリーに分類される個々の衣類は、それぞれの歴史を持っているが、ランジェリーという分け方は、日本では、1970年頃からの「インナーファッション」ブームによって、室内でもリラックスして着ることのできる下着、として導入された。
ランジェリーの歴史というものは特筆するものはない。元々『ランジェリー』は高級な亜麻布を使って作られた女性用の下着を指すフランス語だった。
ランジェリーは細かく分けると非常に種類が多くなり、ブラジャーとショーツ(パンティー)でセットになっている製品があるのと同様、スリップ、キャミソール、フレアーパンティーなどでセットになっているものが多い。
日本では、ランジェリーの広告モデルには白人女性が起用されることが多い。
スリップなどは実用性が高いため、無地のものが多いが、キャミソールなどは、カラフルな色彩とレースや機械織刺繍を使った華麗なものがある。
普通、レース飾りが付いており、模様に使うケミカルレース、機械織のラッセルレース、リバーレースや、ときにチュールが使われる。
色彩は、白、ピンク、ベージュ、淡いヴァイオレット、水色などの淡い色が多いが、黒や臙脂、スカーレットの華やかなものもある。
ショーツ、肌着などの基本的な下着は、吸水性のよいコットンなどが使われるのとは対照的である。
生地はポリエステルやナイロンなどが多く、サテンを使うこともあり、また高級なものはシルク(絹)を使う。
ランジェリーは、ゆったりした裁断で、身体に圧迫等を加えないのが原則である。そのため、肌にぴったりとする基本的な下着や、また身体をある意味締め付けるとも言える補正用の下着であるファウンデーションは、ランジェリーに含めない。

オーグ下着ミネルバ 訪問販売 評判口コミ

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 訪問販売を行う中で、お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2丁目3番13号 若杉大阪駅前ビル13F
TEL:06-6345-5515
FAX:06-6345-5516

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません