FC2ミニブログPIYO

日本においても、ランジェリー・ショップと名づけられた店舗は、商品としてブラジャーなどの補正下着やファッション性のあるショーツなども置いているのが通常である。
そして「電話局」にはswitchboard(交換台)、電気技術的に見るとパッチパネルを用意し、それを用いて電話同士を電気的に接続してやる方式が、すばやく相互接続してやることができ接続を切り替えるのも簡単で、広く採用された。
電話の電線を相互に接続したり、接続を切り替えてやる業務を「交換業務」と言い、それを行う人を「交換手」や「電話交換手」と言った。
19世紀末や20世紀前半は、電線の相互接続の切り替えは主として人間が人手で行っていた。
このような場合、全ての電話機同士の間に電線を張るのではなく、ハブとなる場所(つまり「電話局」と呼ばれるような場所)を1か所作り、その電話局と各電話機を繋ぐ電線は敷設しておき、電話局の中で、通話する電話機2台から伸びてきている電線と電線を接続する、という方式にすれば、電線の長さの合計(総延長)が短くて済む、ということになる。
電話の歴史の初期の状況として、たとえばある田舎の町に電話機を設置した家が数十軒ほどあり、その中の任意の2台の電話機の間で通話を行う、という場合を想定してみる。
現代でも特殊な場所ではそのような、電話機がわずか2台だけで その間を一筋の被覆電線で結び、他の電話機とは一切通話できないような、素朴な電話が設置されることもある。
19世紀、電話の歴史の初期には、2台の電話機だけを用いてその間を2本~4本の銅線で繋ぎ、それを繋いだままにしておき、常に2台の電話機の間だけで通話を行う素朴な電話がしばしば用いられた。
20世紀末ごろから普及したデジタル式電話では、変調や復調といった手順を含む。多くは得られた情報からのベースバンドを、さらに伝送経路上で符号化する方式で伝送している(搬送帯域伝送)。経路上の回路は複雑になるが、送電経路上の情報の送受信の効率が上がり、情報量や品質が良くなるというメリットがある。
もともとは音声を電流の変化に変換し、それをそのまま相手側の装置に伝送し、相手側の装置で電流を音声に変換した。
また特殊用途で、水中電話という、超音波を利用するものもあり、アナログ式とデジタル式がある。
電話は一般的には、信号の伝送に電流や電波を用いる。光ファイバー中に流される光を利用する事も広く普及している。あまり一般的ではないが、技術的には一応「光線電話」というものもある。光を搬送波として使用するもので空間光通信の一種。直線で互いに見通せる範囲内でしか通信できないが、高速大容量の通信が可能。可視光線以外に赤外線も用いられる。近年ではデジタル式もある。
電話の種類はさまざまな方法で分類可能である。 たとえば伝送途中の信号の形式を基準とすると、アナログ電話 / デジタル電話 と分類される。
俗語/スラングの「モッディング (modding)」は、少々語義が異なるが、関連する表現である。これはいったん製造された製品にパーソナライゼーションを施すことをいう。
対義語には、「オフ・ザ・シェルフ (off-the-shelf)」、「レディ・トゥ・ウェア (ready-to-wear)」などがある。また、レディ・メイド、既製品(特に既製服)も対義語とされる。

オーグ下着 訪問販売 評判口コミ電話

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 訪問販売を行う中で、お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2丁目3番13号 若杉大阪駅前ビル13F
TEL:06-6345-5515
FAX:06-6345-5516

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード