FC2ミニブログPIYO

また、特定商取引に関する法律(特定商取引法)では、一般的な訪問販売の概念を拡張して、キャッチセールス、アポイントメント商法、催眠商法などのセールスパーソンの訪問がないものも「訪問販売」としている。
訪問販売とは、無店舗販売の一種で、販売業者のセールスパーソンが一方的に消費者宅に訪問し、訪問先で商品(権利、役務を含む)の販売活動を行う小売形態。訪問商法という呼び名も存在する。
例えば、女性用のセパレート型水着は、素材やデザインが違っているが、ブラジャーとショーツのセットと同じである。19世紀の西欧の水着は、アウターに準じて肌の露出面積が遙かに少ないものであった。
インナーとアウターの境界が曖昧になって来ているとも言えるが、服飾の歴史では、このようなケースは珍しくない。
しかし、21世紀に入ってから、ファッションとしてキャミソールなどをアウターとして着用して外出する例が存在する。
またランジェリーは日本では元々「室内着」であり、下着であって、しかし室内で着用するリラックスしたハウスウエアのような概念で、アウターに対し、インナーウェアと呼ばれたのである。
日本においても、ランジェリー・ショップと名づけられた店舗は、商品としてブラジャーなどの補正下着やファッション性のあるショーツなども置いているのが通常である。
またエロティックな赴きのある衣類をとりわけ指し、セクシーランジェリーに近い概念である。
英語の lingerie は女性用の下着を指すもので、ブラジャー、コルセットなども含み、非常に幅広い衣服がこの名のもので呼ばれている。
また標準的なランジェリーとして先に挙げたものは、典型としてあり、実際には、これらが組み合わさって、様々なインナーファッションの服飾が生み出されている。
何をランジェリーに含めるかは、時代と地域によって異なっており、個人の判断でも異なって来る。
ビスチェは、ファウンデーション、ランジェリー、アウターの三つの区分を横断しているとも言える。
ブラジャーは、日本ではランジェリーには含めないが、ブラジャーのベルト部分が非常に長く、ロングブラジャーよりも遥かに長いものは、ビスチェと呼ばれているが、ビスチェの場合、室内で、この姿のままでもよいことになっており、また、ブラウスをそのまま上に羽織り、外出することも可とされている。
ランジェリーは、使用形態から言えば、部屋着・室内着の面と、アウターの下に着る下着という二つの面を持っている。
「部屋着」という分類になると、ランジェリーには含めない別の種類の服飾が存在する。

オーグ下着ミネルバ 訪問販売 評判口コミ

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 訪問販売を行う中で、お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2丁目3番13号 若杉大阪駅前ビル13F
TEL:06-6345-5515
FAX:06-6345-5516

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません