FC2ミニブログPIYO

ビスチェとは、女性用下着の一種。元はフランス語で、ビスチエ、ビュスチェ、ビュスチエなどの表記が用いられる場合もある。元々ストラップ(肩ひも・吊り紐)が無い、丈の長いブラジャー型の下着のことを指すが、今日では同様の形状のアウターウェア(「ベアトップ」など)のこともこう呼称する。
パンティストッキングフェティシズムとは、パンティストッキングに対するフェティシズムということで、パンティストッキングに性的嗜好を持つ者を指す。また、そのような性的嗜好全体を指す呼称としても使われる。パンストフェチとも称される。
パンティストッキングは和製英語で、米国では pantyhose(パンティホース)、英国では tights と表記する。繊維が太く織り方が厚手の物は、日本では特に区別してタイツと呼ばれる。
アメリカ英語では、一般的にパンティーズまたはブリーフス(briefs)等と呼ばれる。イギリス英語ではニッカーズ(knickers)と呼ばれる。
パンツ一丁は、日本で一般に「パンツ」と総称される下着(ブリーフ、トランクス、ショーツ、パンティーなど)を履いただけで他の衣類を一切着用していない状態。
腹巻きは腹部に巻く布[1]。腹部が冷えるのを防ぐために着けられる。晒木綿の布を巻くのが伝統的だが、筒状に編まれた毛糸製腹巻きもある。
パニエとは、下着、ファウンデーションの一種。18世紀にヨーロッパでドレスなどのスカートを美しい形に広がらせるため、その下に着用したのが始まりである。現在も形は異なるもののアンダースカートとしてウェディングドレスやワンピース(のスカート部分)を膨らませる用途で用いられている。
バッスルは、女性用ファウンデーションの一種である。19世紀半ばから20世紀初めに流行した。ヒップラインを美しく見せるための腰当である。提灯を縦半分に切ったような形をしている。材質は、初めの頃は鯨の骨を使用していたが、後には針金や木が用いられた。
バスローブは、ゆったりとした長い上着。主に入浴後に着用。シルクなどの素材を使用した厚手のタオル地が一般的。
ハイレグの脚刳り(あしぐり)の位置は、各衣服の通常持っているラインよりも深く、ウエストラインとヒップラインの中間点あたりまで切り込まれて鋭角ラインをなしている。なお、脚刳りの位置がウエストラインの上まで切り込まれているものをスーパーハイレグという。
ハーフトップとは、下着もしくはスポーツウェアの一種で、タンクトップの上半分からなる下着という意味合いがあることから生まれた和製英語。キャミソールの上半分からなる下着であるハーフキャミもあるが、これもハーフトップの一種である。
ノーパン健康法は日本で提唱された健康法の一種で、下半身の下着を穿かずに寝ることである。「ノーパン睡眠」、「脱パンツ健康法」ともいう。日本では、医学博士の丸山淳士が『則幸のノリ出せワイド』(HBCラジオ)で「パンツを脱いで寝ると体によい」と述べていた。
ネグリジェとは就寝時に着用するワンピース型の寝間着である。 柔らかい素材を使い、ゆったりとした形でフリルやレースなどの装飾が付いた優雅なデザインとなっているものが多い。パジャマとの差異はワンピースであるかツーピースであるかという点であり、装飾性の高さで分類されているわけではない。
ニプレス は、人間の乳首に貼り付け、これを隠す絆創膏状のシート。ニップレスともいう。
本来、ニプレスはブラジャーを着用できないときなどに、胸ポチが目立ったり、衣類とこすれて痛みや痒みなどが起きるのを防ぐために使用する保護器具である。性別問わず使用が出来る。また、水着やレオタードなどの着用時にバストパッドの代わりに着用する場合もある。
ナベシャツは、乳房を目立たなくし胸板風に見せることを目的として考案されたシャツ。「オナベの人が着るシャツ」の意である。男装趣味の女性や、女性の身体に違和感を覚える人が利用し、胸を小さく見せる、胸を潰して平らに見せる効果がある。

オーグ下着ミネルバ 訪問販売 評判口コミ

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 訪問販売を行う中で、お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地2丁目3番13号 若杉大阪駅前ビル13F
TEL:06-6345-5515
FAX:06-6345-5516

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません