FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
抱き締めたい
お前が毎日頑張ってんのはちゃんとわかってる。
ちゃんと信じてんだぜ、これでも。
…弱くてごめんな。

頭じゃ分かってても寂しくなんのは弱いせいか、依存し過ぎているせいか。

なんて、両方なのかもしれねぇな。
それだけ好きなんだって実感させられる。


お前が頑張ってんのはちゃんと分かってんだ。
そんでもやっぱ寂しいのは誤魔化せなくて。

ただ無駄に吸殻と時間だけが増えてく。
…会いたい。
…大丈夫、だよな?
愛してる。
愛してるよ…

思っているだけで幸せだ。
分かってる。
信じてる。
…だけど、寂しい
伝えたい。
叫びたい。

お前が何よりも大事だ。
あいつの帰りを待つこと。
苦手だったけど今は少し楽しんでいる自分がいる。

ドア開けてこっちに来るあいつにおかえりって言って、お疲れって言って頭を撫でてやる。
そんな毎日のことが堪らなく幸せだ。
好きだよ。
もう立派なお前依存症。
あなたが目の前にいて
抱きしめる事が出来るのなら
もうこれ以上の幸せはないの
たとえあったとしても

それはまたきっと気付けば
あなたに関する事なのでしょう
こうして頭ん中で何度も何度も名前を呼んで
もう手の届かない場所にいるお前を必死に求めている。

おれはお前を失ってまで何を得ようとしていたんだろう。
誰よりも大切なのに。

息も出来ない程苦しくなるなら後ろめたさも何もかも受け止めて、お前を思うままに愛すれば良かった。
遅かれ早かれ、こうなるのはどこかで感じていた。
執着する価値もねぇよ、おれは。
…それでも嬉しいんだ。
簡単に切り捨てられてないこと。

…会いたくて苦しくて愛しい。
抱き締めてぇよ、和成…
自分から別れんの決心したのにさ、
全く切り捨てられそうにない。

本当に幸せだったか、なんて聞かなくても分かる。
お前の気持ち、痛いほど感じてたから。
お前もおれもお互いに本気で愛し合っていた。
それが古い記憶になっても、一生のおれの宝物。
駄目だわ、何気なく流してた音楽で頭の中にお前が浮かぶ。
あっという間に視界が滲んで喉が震える
君がいればなあって思うんだよ
服を選ぶとき 玄関のドアを開けた時 新しい歌ができた時
君ならなんて言うかな
君がいればなあって思うんだよ

何度目が覚めても君はいなくて
だけど目を閉じると君がいて

堪らなく会いたい。
今夜は雨降りだ。

雨の音が苦手だと言っていたお前がすぐに浮かんでくる。
そんな夜は抱き締め合って頭を撫でて、ずっと一緒にいたのを覚えてる。

もう戻れない綺麗な思い出。

お前の寂しいのがいつの間にか移ってたみてぇだ。
お前はこれから一人で…どうやって雨の夜を堪えていくんだろうな。
…雨音が余計恋しさと苦しさを感じさせる。

まだ涙は止まらねぇ。

宮地清志

プロフィール画像を表示
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード