FC2ミニブログPIYO

  • 2019.2
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
高校までは偏差値っていうものさしがあったから、平均より上だと思っていられて病みすぎなかった、という仮説
今一つの仮説がたった
母親に聞かれて自分のことを話すとき→興奮状態
ゆうやといるときはそこまでは話さない→リラックスできてる
考えすぎる病み気きた
「疲れた」は悪い言葉じゃない
1日なんか頑張れた証拠
大人は唐突に寂しくなることがある
「明日からも頑張ろう」
「明日からずっと予定あるけど、そんな感じに突っ走ってみたらまた何か変わるのかもしれない」と思ったことは忘れないでおきたい
思い出を共有してる人たちは人格も共有してるから、話しやすいのかな…
今まで好きだったものをやって、それを嫌いになってることに気付くのが怖い?
自分がない(自分の人生に当事者意識がない)から、
ドキュメンタリーとか見ても感動しないし重いと感じるのかな
自分含めてみんなどーでもいいんだから、そりゃテレビで流されてもどーでもいいよね
だから自分が当事者になるしかなくなったときにパニックになるんかな
「こういう生き方もあるんだ、ふーん」
って他人事に思うようにやってたら、
自分の生き方すら「こういう生き方もあるんだ、ふーん」
って思うようになってしまって当事者意識がなくなってて
当事者意識がなくなったから色々感じなくなってたのかなと気付いた
「昔の自分」っていう存在がトラウマなのかもしれない
結構騒ぎたててムードを作ろうとするその自分が嫌い
中学の時みたいに言い合っちゃえるような自分が嫌い
色々受け入れて空気みたいになりたい
寒い時に裸で寝たり、唇むいたりするのは、きっと私なりの自傷行為なのかなー
私は仮説立てるのが好きで
ひらめいた!ってときは大体仮説思いついたときなんだけど
ひらめいた!と思ってるからその仮説を無条件で信じてしまって、
その仮説が違うと気づいた時に落ち込む。
自分の感情が、ぐつぐつ煮込まれてるような感覚

みるみる

プロフィール画像を表示
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード