FC2ミニブログPIYO

  • 2019.8
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
投稿画像
先日購入した紅白の梅柄ミニレターセットです。祖父に出す手紙用なのですが、冬の季節柄で華やかなものが見つかってよかった♪
今日の昼食はフードコートでシンガポールチキンライスを食べたのですが、味はおいしかったのですがフロアの設計の都合か冷たい風が足元に流れてくる席で、食べ終わる頃にはけっこう体が冷えてました;(セットで付いてくるドリンクにアイスジャスミンティーを頼んでしまったので尚更;)この店は夏場じゃないと長居は無理だな;
仕事の都合で名古屋に行くという私の親が、週末に向こうで一人暮らしをしている息子に会ってくるという。(何かおいしいものでも食べさせてやるんだと意気込んでいる)
・・その会いに行く息子、2日前までこちらに帰省していたのですが;

名古屋に住んでいるあいつももう子供じゃないし、週末は色々予定もあるだろうに;
ずっと会ってないならともかく、数日前まで散々顔つき合わせていた相手と何で戻った先の名古屋でまた休みを潰して会わなくちゃならないんだって思ってるはずだよ;;
親バカに付き合わされて気の毒・・
そういえば、今日のお昼はおもちでした。
おもちは手軽に食べれておいしいので年明け前から磯部もちを朝食にしたりしてけっこう食べていて、年明け後はお雑煮で主に食べていたのですが、今日はからみもちにして食べました。
大根を下ろすのが少し手間ですが、久しぶりに食べたからみもちはとてもおいしかったです♪
今夜は大河ドラマの第一回、もちろん見る予定です。ただ、新聞の写真付き広告を見たら出演者に大沢たかおがいたのですが、ここ数日深夜にケーブルテレビで再放送してた「JIN ~仁~」を何本か見ていたので、同じ時代劇ということでイメージがかぶりそう;
正月番組があまり見るものがなかったので、テレビ放送の録画ですが三谷幸喜の映画「清洲会議」を見ました。三谷幸喜の作品というとコメディ要素が強いイメージだったのですが、思いのほか真面目な話で意外でした。(確かに笑えるシーンもたくさんありましたが、歴史の本筋からはあまり外れないストーリー展開でした)
投稿画像
今日は朝からこれがチューハイ3缶目。お正月だからたまにはいいよね♪(学生の頃は週末とかにけっこう飲んでたけど、ここ数年は太るので一月に1回飲むくらいに控えてたので;)
投稿画像
我が家のお雑煮は父方の実家の味で昆布出汁と塩味のかきたま汁に柚子、三つ葉、すじこです。
新年あけましておめでとうございます。
私は関東在住ですが、年の初めは雪の舞う寒い朝です。昨年は長年一緒に暮らしたインコちゃんを亡くし傷心の年になったので、今年は良いことがいっぱいの年になるといいな〜♪
■Bonjour♪恋味パティスリー
■暁のヨナ
この2作品は秋・冬2クールものでまだストーリーが中盤なので、感想は省略します。


今期は以上8作品を視聴していました。内、上記の2作品は年明けに始まる冬アニメとともに引き続き視聴予定です。
実はこれ以外にもう1作品「オオカミ少女と黒王子」も見ていたのですが、メインキャラ二人がどちらも性格に問題あり過ぎて好きになれず、見続ける気になれなかったので7話で脱落しました;
■神撃のバハムートGENESIS
元はスマホゲー?カードゲーム?なのでしょうか?原作の世界観を知らずに見始めたので、悪魔・天使・人間が共存していて、モンスター等も登場する仮想ファンタジーなのかと思えば歴史上の人物・ジャンヌ・ダルクが出てきたりして視聴当初は設定が分からず混乱しました。作画に力を入れているのか、アクションシーンなどは結構見応えがありました。ただ、声ありのキャラとして登場したものの途中で存在が空気になったキャラとかもいて、その辺が若干消化不良でした;
■デンキ街の本屋さん
マンガや同人誌等を中心に扱う本屋さんの店員さん達の日常ラブコメ。男女合わせて7人の店員さん達の中で何組かの恋の駆け引きが描かれているのですが、やり取りがいちいちかわいくて青春っぽいです。ただ、その甘酸っぱい青春の日常の中に、けっこうな確率で混じってくる下ネタの数々には笑いました。あそこまで振り切れてると、逆に潔い(笑)
■オレん家のフロ事情
1話5分の、風呂場から全く外に出ないアニメ。日常のほんの一コマを切り取っているだけなのでストーリーの大きな流れとかはなく、流し見程度がちょうどいいと思います。時々BLっぽい雰囲気が漂うのが気になりました;;

■曇天に笑う
声優さんは豪華でしたが、アニメの内容が面白かったかといわれると正直微妙です;結局、この話は天火が主役なのか空丸が主役なのか・・伏線も含め、けっこう話を引っ張ったわりに物語の核心であるオロチの件は意外とあっさり決着がついてちょっと拍子抜けしました;
年が明ける前に自分の覚書として軽く秋アニメの感想を。

■操操れ!コックリさん
一応全話見たけど、何となく惰性で最後まで見続けた感じであまり面白くなかったです。シュールすぎるギャグは好き嫌いがはっきり分かれそう;私は1話30分がひたすら長く感じました。

■蟲師 続章
分割2クールの後半戦。作画、音楽ともに蟲師独特の静かな世界観が丁寧に表現されていました。今期は前クールの話よりも考えさせられるような、また悲しい結末で終わるような話が多かった印象。特に19話はかなり鬱な話で後味が悪かったです。
今日は朝から部屋のガラス窓を掃除し、窓のサッシを掃除し、鳥さん達のお墓を掃除しました。
掃除終了後、餌をお供えし、飲み水入れに生前大好物だったハコベをたっぷり生けておきました。今年は鳥さんのいない寂しい年末です;

かなた

プロフィール画像を表示
2014/05/21に開設。
とりとめのない日々の記録です。

プロフ画像は以前飼っていたインコちゃん。約15年間、計8羽のインコや十姉妹達と暮らしていました。

※ブログの背景は、フリー素材を制作・配布されているサイト様から利用規約を守った上でお借りしているものです。

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード