FC2ミニブログPIYO

私だから。
だから、出逢えたのでしょう。
知られなくっていい。
ひそやかに、とっても静かに、好きをつないでゆけたら、それでいい。
って言っても、だあれも気づかない。
そんな知られなさが、すごく好き。
そんなひそやかなうれしいを生きています。
だあれも知らないまんま、しあわせでいる。
そして、ちょっとだけ自慢。
ホントは、おっきな声で言いたいけれどね。
大きな秘密。
だあれも知らないまんま。
私が私でよかった。
あなたに贈れるものを持っている私でよかった。
喩えようもなく、ひたすら甘美。
やさしい時間。
神秘的。
その知らない同士が、ある瞬間を境に知った人になる。
その出逢いの一点に、とてつもなく憧れていた。
おんなじ時の中で生きていたんだね。
まだ知らない同士として。
うれしかった。
いてくれたこと。
好きな人のことを神様だと思えるほど、好きになってみたかった。

Lilico.k

プロフィール画像を表示
ほんの少し何かを言いに来ます。
今の気持ちが伝わりますように♪
rss

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード