FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
来週は月曜から金曜まで、毎日でかけなければならない。薬がとても心配だ。でも、薬のことを抜かせば、でかけるのも悪くない。一日中練習しているのは、それはそれで結構しんどいし、気分も変わらないところがある。だから、来週が楽しみだ。
朝が来ると気が重い。シャワーを浴びないと何も始まらないのに、面倒くさく感じてしまう。以前はぱっとシャワーを浴びられたのに、いったいどうしたのだろう。
ピアノグレードの練習をすると思うと気が重い。でも、級をとっていけば、ヤマハピアノ教室で教えることができる可能性が出てくるのだ。頑張って、やりとおさなければ。趣味でなく、仕事と思ってやればいいかもしれない。皆仕事があるのだ。嫌でも仕事をこなしているのだ。
しかし、朝はどうしてこんなに眠いんだろう。そして以前はぱっとシャワーに入れたのに、まずパソコンに向かってからでないと、腰を上げることができない。シャワーを浴びないと、練習にとりかかれないので、朝食が終わったら、すぐ浴びなければと思っている。
昨日は一日中声楽とピアノの練習ができた。とても充実感に満ちた一日だった。今日もそうなることを願っている、というか、そうしなければいけない。頑張らなければならない。
声楽の練習をすることができた。ただ、立って歌えなかった。レッスンのときも、立って歌えなかったらどうしよう。不安は次から次へと沸いてくる。さて、次はピアノで熱情を練習するかな。
でも、その前に一瞬横になりたい。きつい。
グレードのモチーフを一通りやった。また夜やらなければ。でも、作曲みたいで面白い。妹にアンティーク・ドールの画像をいろいろ見せてもらった。その間も、具合が悪かった。やはり、レッスンのたびにワンシート飲んでいたのが、体に負担を掛け始めたのだろうか。そしたら、次のレッスンのときは、どうすればいいのだろうか。途方にくれてしまう。神様、対人恐怖症をお治しください。
お願いです。
コーヒーを飲んでみようか。コーヒーは、不思議に薬の効き目を和らげる効果があるようだ。薬が抜けたほうが具合がよくなるから、そうしてみようか。でも、今日薬を通常より減らしているので、まったく効かなくなったら困ったことになる。一体どうすればいいのだろうか。試してみるべきか。
今シャワーを浴びたばかりだ。このあと、ピアノの練習をしようと思う。コンダミンを飲んでいないから、昨日よりずっとましだ。少なくとも眠くてしかたがないということはない。でも、一瞬横になりたい。すかっと元気だったら、どんなにいいだろうか。世の中にはほんとうに辛い思いをして生きている人が沢山いる。私なんかましな方だ。頑張らなければ。
明日から、ちゃんと処方どおりに薬を飲んでみようかと思っている。ルボックスで平気だった(デパスたったの2錠で)から、大丈夫なはずだ。そういう服用の仕方をすれば、具合の悪いのもおさまるかもしれない。それを今望んでいる。そうなったら、どんなにいいだろう。
シャワーを浴びて、声楽仲間にメールして、今これを書いている。コンダミン3錠とルボックス1錠服用した。特にくらくらすることもない。具合はよくないが、眠れるわけでもないので、まずはピアノにとりかかろうかと思う。グレードの宿題を毎日少しずつでもやっておかなければ、間に合わないし、熱情も然り。一日中練習しなければだめなのだ。それが具合が悪くてできない。神様、元気をください。
どうもこの頃、朝のシャワーを後回しにする傾向がある。すっきり入ると目も覚めるので、朝食が終わったら、シャワーを浴びて、そのあとコンダミンを服用してみようと思う。
相変わらず朝は眠い。でも、薬を飲んでいるので、はくはくした感じはない。それがとても嬉しい。今日は練習に明け暮れることができるよう、頑張らなければ。神様、私に元気をください。
対人恐怖症克服セットを購入した。19800円である。買ったことを母と妹に言うのは気が重いが、これ以上薬依存症になりたくない。返金保障もあるので、とりあえず買ってみた。これで私の対人恐怖症は治る。そう信じていきたいと思う。
私はどうして声楽の道を歩んでいるのかな。母はとにかく健康にいいからと言って勧める。最終的な目的、目標はなんだろう。声楽を中高年の人に教えて健康になって欲しい、というのがまずひとつだ。これだけなのだろうか。どこかはっきりしない。でも歩んでいきたい。