FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
長戸大幸プロデューサーに焦点をあてるだけで、本当の「プロ」の音楽というものが浮き彫りになってくるのだ。
http://www.kanshin.com/keyword/14477998
長戸大幸プロデュースによると上木彩矢。
http://web2.nazca.co.jp/nagatokamiki/
長戸大幸氏は、数多くのアーティストを発掘し、育て、デビューさせ、ミリオン級のスターにしていった。
http://ongakushigoto.akazunoma.com/
大衆音楽が盛況になると、必ず脚光を浴びるのが音楽プロデューサーだ。90年代は歴史的にみてもかつてない盛り上がりをみせ、ビーイング率いる長戸大幸氏を筆頭に、他には自らアーティストもやっていた小室哲哉氏や小林武史氏、つんく氏等が活躍していた。
https://about.me/nagatodaikou
音楽プロデューサー長戸大幸氏の歴史をまとめたつぶやきです。
https://twitter.com/nagatohistory
http://togetter.com/li/720320
長戸大幸氏は、アーティストという表舞台よりも、プロデューサーや作曲家等、どちらかというと裏方的な、端的に言うとクリエイティブな存在志向が強くなっていた。
http://blog.livedoor.jp/daikounagato/
小松未歩さんは1997年5月28日に1st Sg「謎」でデビュー。その年の12月に発売された「謎」を含む1st AL『謎』は50万枚を売り上げ、早くも存在感のあるアーティストとして始動していきました。http://ongakuwakuwaku.blog.shinobi.jp/
91年にシングル「思い出の九十九里浜」でデビューしたMi-Ke。日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、盛んに活動していた93年秋までの2年半の間に11枚のシングルと7枚のオリジナル・アルバムをリリースしています。
http://plaza.rakuten.co.jp/ongakuwakuwaku/
Beingグループのアーティストは、ほとんど全て長戸大幸プロデューサーが命名しているのだそうだ。
http://artistname.at.webry.info/
90年秋、長戸大幸プロデューサーの下、ZARD(坂井泉水)プロジェクトが発足。ヴォーカル坂井泉水さんの当時の作風について取り上げたブログです。
http://musicjapan.fpage.biz/
T-BOLANは第二回BAD AUDITION(1987年)で認められてビーイングで活動を開始してから、シングル「悲しみが痛いよ」でメジャー・デビューするまでに3年半以上かかった
http://musicaikouka.tumblr.com/
長戸大幸プロデューサーと、アーティストFIELD OF VIEWを紹介するブログです。
http://music-japan.cocolog-nifty.com/
the★tambourinesは、スウェディッシュサウンド(90年代半ばにスウェーデンのトーレ・ヨハンソンがプロデュースしたThe Cardigansが元祖)に傾倒したサウンド作りをしました。
http://musicjapan.exblog.jp/
三枝夕夏IN dbは、最初は三枝夕夏さん(Vo.)のソロ・プロジェクトとして2002年6月12日に1st Sg「Whenever I think of you」でデビューしました。
http://blog.livedoor.jp/music_aikouka/

サントル

プロフィール画像を表示
rss

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード