FC2ミニブログPIYO

  • 2016.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
地震で水戸の映像が映るたびに、全国の人は「なんだあの棒」って疑問に思っているんじゃないかと心配でならない。あれは水戸芸術館のシンボルタワーで、多面体の例として大日本図書刊の中学数学の教科書にも載った代物なのである http://arttowermito.or.jp/about/about01.html
自重しない本屋の、
『僕と契約してポイントカードを作ってよ』
の看板が
『ハーイ! いろんなショップのポイントカードが多すぎて、レジで手間取る方バーナビーでーす!』
になっていた。

どっちも見たことないからよくわからんけど。
中学の時いつも机の上にレモンティー(ブリックor500cc)を置いてたら担任に『ジュース娘』という称号を奉られたことを思い出した。先生、紅茶はジュースじゃないよ!
『本気で人を好きになる』って、女子の場合『この人の子供産んであげてもいいかも(or産みたい)』ってことかもしれんぬ。命がけだしね。
うつくしきもの=宝石に限らず透明なものはよい、ぎゅうひとかラムネとか。
綺麗に巻いた渦巻きには目を見張るものがある。出汁巻きや伊達巻きやロリポップあたりが定番だが、クッキーの類にも美しい渦巻きは存在する。
割れていない鳩サブレー。型抜きのされた菓子は皆これがあるから厄介だ。幼い頃は哀れにも折れた鳩の細首に、諸行無常の理を学ばされたものだ。
だが、煎餅は割って食べたほうが断然うまい。
気がつけば食べ物についてしか綴っていないが、夏でも食欲を維持するのは大切だということでひとつ御容赦願いたい。
穂の出て来た稲が皆こちらを向いていたので、若衆に『お勤めご苦労様っす!』って頭を下げられて鷹揚に片手で返事する幹部ごっこした
トリオ、という言葉を使うとき、脳裏ではいつもヒゲの配管工が羽ばたいている。
理不尽な百円均一=別のドラッグストアで3箱298円のティッシュがばら売りされていた。
しかもその店、駐車場がいっぱいだったから、アスファルトの地面に書いてあるオレンジ色(白色でなく!)の矢印をたどっていったら外に出てしまった。裏にスペースあるから第2駐車場なのかと思ったら、全然別のお店でやんの。
人間観察が趣味だと言って憚らない奴の観察眼など当てにならない。実際に人間観察をしてみれば、それを公表したときの周囲の反応や距離を置かれることなど既知のはずである。観察というものはだいたい、相手にそれと知られないようにしなければ意味がないのだ。
従って本当に本気で人間観察を趣味にしているならば、そんなことプロフィールやら自己紹介で公表するはずがない。
愛は他人のありかたを認めて尊重するものだと思う。個人的には恋は相手を知りたい欲求なので、恋の延長線上に愛も存在しうるはずなのだが、恋は独占欲や支配欲に容易に衣替えしてしまい、それが愛と勘違いされているフシがある。
愛が他者を認める行為なら、異性愛も家族愛も愛国心も全部平和なのに。
気持ち悪いもの=みっしり集まった生き物。鳥の類とかアブラムシとか。プチプチみたいに全部つぶせて変な汁も出てこなけりゃいいのに。
粘液。毒のある生物は皆見た目から気持ち悪い。
気のない、あるいは気の離れた男からの絵文字満載のメール。2割がハートマークだったりすると、なお悪い。
小学校時代の国語の教科書に、「ひまわりは太陽の子供、たんぽぽは孫」という詩が載っていた。缶詰のパイナップル輪切りもどっかにねじこめないものか
押し入れの対義語=引き出し
花はばら、木の花はさくら、果物はりんごといちごが好きだ。全部バラ科。バラ科がすごいのか私の好みがオーソドックス過ぎるのか。