FC2ミニブログPIYO

キャラガチりたいなーという欲求が膨れ上がる一方で、問題は山積みorz。果たして環境を変えたらガチれるようになるのだろうか? とりあえず超絶基礎から練習はしているもののなぁ。
重すぎてパリーン割れて10秒ぐらいで焼き入れが発動するとかひどいわ…。
とりあえず、試合になるとてんぱってチェイスルートがめちゃくちゃになるのどーにかしたい←。
親は「大きい〇〇病院の方が有名だし良いよ」って言って嫌がるわたしを有無を言わせず連れて行ったけど、結局その病院も日本の統一での診療ガイドラインに沿ってやってるわけだからやることがかかりつけ医と一緒なんよね、こっちもかかりつけ医にその診療ガイドラインで出来る最高の治療をしてくれと頼んでるし(それを知っていたから7時間待ちしてまで行く価値ないと思って嫌がっていた)←。その理屈が通る親なら苦労はしてないよ(嘆)。
言うてもわたしも医療の世界で働いたこともあるし、各種エビデンスとか診療ガイドラインも読めるから最新の診療ガイドラインで出来る最大の治療を医者に提案することも出来たからね。リマチルやっていた頃にこっちからリウマトレックスや生物学的製剤の治療をしてくれと頼んだ側だからね←。その当時のリウマチ治療は悪くなってからそっちを選ぶというのが主流だったけど、今じゃ初期に強力に抑え込む方が有効って言われてる←。
見たい動画がいっぺんに5~6本きた@@。見なきゃ…。
「明日の15時~参加型やるけど平日昼間だし来れる人いませんよね?」→「テレワークだから行ける」「オンライン授業だから行ける」…コロナの時節柄よのぉ…(ぼそ)。
ここの部分はもうこれ以上編集しないかなというだけの稿が出来たらそこで第1稿、第2稿…みたいな感じで都度分けて保存してアップしたら最終稿とその直前のと手つかずの素材以外は消す感じかね。最終稿も念のためいじるフォルダ以外の場所にバックアップを用意しておくと。
大事な動画を編集する前はまず何も手つかずの動画素材をどこか編集機器(PCやスマホ)以外の場所(USBメモリやらクラウドやら外付けの記憶媒体など)と編集機器(こっちには2つ)の2か所にコピーしてコピーだけをいじるようにするかな。最悪の場合でも素材からコピーして来られる。編集機器のコピーその1は編集用、その2は編集失敗した時の簡易バックアップ。
兄弟も親と喧嘩して出て行った過去があるからね。結婚する時にも「手放しで喜んでくれると思ったら矢継ぎ早に今後の生活について質問攻めされた」とか結婚式の両親への手紙で愚痴ってた←。親の経済管理 は 優秀なのはたぶん兄弟ともども認める所だろうけど、まともな話し合いが出来なくて最後には怒鳴り声で極論押し付けて黙らせられるんよね。
両親にも全然話していなかった話も話した。話し合いは淡々と理路整然と進んだ。この手の話し合いは過去に何べんもしてきたけど最後は精神論を押し付けられ怒鳴り合いで無理やり〆させられてこっちが言いたいことを飲み込んで我慢してきた。そしてそのたびに「理解されないんだな…」って失望させられ続けてきた。甘やかしすぎたのではない。一番助けてほしかった場面で「お前が悪い」と拒絶されすぎた。それはわたしは求めてなかった。
本渡されたけど知ってるんだよね実は。そういう精神科系の話はネットでちらっと出てたら見ちゃうんでね。もっとも「何も持てないよ」って言われてもそう大したものも持ってないけどね←。ただ「人のせいにするな」ではなくてぶっちゃけ運のなさのせいにはしたい←。業界68年最悪の不況とかリーマンショックとかに働いている時にぶち当たるんだもん←。契約切れの直前に防ぎようのない病気になるとかさ。
本人が分かって言ってる与太話に正論はいらない。
面接行った時に面接の終盤に明らかに相手の興味がわたしからなくなっている対応とか、あの冷たい空気とか分からんのだろうね。あと、面接終わった後にやたらと丁重な対応してこられても察する。「ああここの人はわたしを迎え入れる気ゼロなんだな、帰りがお客様対応だったよな」って。そういうのを何度も経験してきていて過去に勤められた所、全部既存の従業員の退職が迫っていた急ぎの人事案件。
生きてるだけで気を遣う。社会不適合を起こしていても死ねなければひたすら現実ががんじがらめにしてくる。「お前は社会と違う」と言われようとそれが飯をもたらしてはくれない。なんの解決にもならない。仕事は選ばなければ―とか言われてもこっちが選ばなくても向こうが選んでくる。わたしが選ばれる理由皆無。それを全部分かっているから頑張れと言われても響かない。持病がいくつもあって年齢も職歴も微妙すぎるしな。

竹山むべ

プロフィール画像を表示
チャレンジャーは旅人です。
出張版、チャレンジャーな人間の日記。
rss

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード