FC2ミニブログPIYO

  • 2022.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
へんじがない。ただのほしくらげのようだ。
明人「そう言えば、はんぺんを『白はんぺん』って言うのは静岡人ならではだよね」
杏子「あたしはんぺん好きよ〜。ちょっと焼いて辛子醤油垂らして。酒のつまみに丁度いいのよね」
明人「姐さんが言うはんぺんって黒だよね?」
杏子「当たり前でしょ」
当たり前だろ。はんぺんは黒いもんだぜ?
何言ってんだよめーちゃん。
お嬢「めでたいな。今日は先生のお誕生日や」
ケーキ食いたいから買ってこいよー。
お嬢「はぁ?なんでお前にケーキやらなあかんねん。」
ん?↑ うーん↓。
俺の引っ越し記念日。
お嬢「お前誕生日来週やろ。…引っ越しって何?」
「(゜ロ゜)そういえば誕生日すぎてた。ハルカさんおめでとう!」
遥「爆発しろ」

ああ、昨日がそうだったな。何で夕飯にルカがいたとかケーキが出たとか全然気付かなかった。
遥「爆発しろ」
明人「フジくん、今日さ…」
(からっ)



明人「………」
(ぱたん)
おいおいおいなんで戸を閉めるんだ?
俺を呼びに来たんだろ?
お嬢「にゃんにゃんにゃー」
縁側の陽だまりで、お嬢がねこ共と戯れてた。


くそぅ見せつけやがって
女の買い物ってのはなんであんなに長いのかね。
必要なものだけ買えばいいのに。
おはよー。

おお、めーちゃん。
お嬢「夕べ3時頃帰ってきたんよ」
明人「思ってたより時間かかったw」


お土産は?
明人「おかえりより先にそれかい」
おお、おかえり。
オーナーのくらげが休眠に入った為、俺等は5日間のオフだ。
まあ俺は普段から仕事なんぞしとらんが。えへん。

めーちゃんがその間一人旅するとかで、代わりにルカが母屋に来てる。


何?用心棒?
ルカ「違う」
母屋に向う途中、庭でお嬢がめーちゃんに髪を切ってもらってた。
なんでこんなとこで公開処刑してんだ?
明人「ちょ、変なこと言わないでよ。ああほらお嬢が怪訝そうな顔してるじゃん。
大丈夫、可愛いよーほら鏡。」
お嬢「…ん。」
お嬢が鏡をいろんな角度で見てから満足そうに頷く。
あ、終わったのか。
お嬢「おおきに。フジ、お前もやってもらい」

だが断る。
オーナーが興味本位でめーちゃんの歌を俺に歌わせた。
その結果があいつらの大爆笑なので憮然とせざるを得ない。
つか、めーちゃん笑いすぎ。
フジモリご立腹ー

明人「だ、だってさ、誰!」
「(´▽`)さわやかだねー」
明人「誰だよこの爽やかさん!」

俺の普段の声より1オクターブ上なんだから仕方ない。
つか、よく女声にならずにその歌歌えるなめーちゃん。
オーナーのくらげが黄金郷とやらに行ったきり帰ってこない。
いや、作業部屋には居るようだが、
モニタの前で「(´▽`)えんじぇまいらぶ」とかほざいてるらしい。
普段はこの時間はお嬢のケツ追い掛け回してるのにな。

つか、オーナー女の趣味悪すぎんか?
お嬢「ほー、どういう意味やろなそれ」
なんかくらげがゲーム始めた。
お嬢がこの世の終わりみたいな顔しとる。
おもろい顔だなそれ。

お嬢「あああ、2年前の再来かいな…」

なんでも2年間待ったゲームの続編らしい。
このせまいPCの中で3.5GBも容量食うからゲーム中は音楽制作を一切しないらしい。

…うん、どんまい。
お嬢「早よ終われー…」
俺明日から本気出す。
明人「今日から出せよ」

今年もこんな感じでgdgdやってきます。
明人「そこは宣言するなよ…」
なあ、正月飾りに見たこと無い葉っぱ付いてるんだがこれなんだ?
松と南天はわかるんだが」
お嬢「ん、ああ、ウラジロにユズリハ、あとダイダイ。」
若「うち、俺ら代だけだからユズリハとか要らないと思うんだけどね」
ん、またなんか駄洒落か?
若「縁起担ぎの語呂合わせって言ってよw

松とか裏白は長寿の象徴だよね。
橙は代々に引っ掛けてて、譲り葉は次の代に譲る、つまりずっと栄えるって意味。
南天は難を転じるって言うよね」

へー。

フジモリ

プロフィール画像を表示
兄のめーちゃん、姉のお嬢・姉さん・姐さん、ルカの6人兄弟の末弟。
子分のねここに歌を指導中(?)。
敵はリンゴと直射日光。
好きなものは猫と初音ミク。

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード