FC2ミニブログPIYO

  • 2021.7
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
はははどうせ今年もクリスマスは仕事さ!
合う人合わない人ってあるよねーw
うちの場合、合わないととことん嫌うからそいつを含めた団体行動が全然楽しくないw
第1印象がダメだとずっと合わないことが多い…

なにがいいたいかっていうと、美○はやくサークルやめろ!w
ひさしぶりにみてみたらすさまじい数のラーメンレビューが・・・ww
勝因はやっぱり、我慢できたこと。
それと押し引きをはっきりとして、余計な放縦を減らして
和了できるところをしっかりと和了したこと。またはそれができた運ももちろんある。
5半荘51局で放縦2回(3.91%・平均放縦点2750)に抑えられたのは大きかったし
展開としても横移動が多く、ジリ貧にならなかったってのもあった。
普段は少ない和了もその分しっかりとれた(和了14回27.451%平均打点5107)のはよかった。

場面の分析は省略したとして、全体的な展開分析はこんなもんかな。
その後、5順目に3pツモ→打1p。7順目に3mツモで理想のテンパイ。
平和3色のダマでは点数が足りないためリーチだが、ここでも打牌に悩む。
9pが1枚も見えず、上家の仕掛けが789sチーなのが原因。
ここで9pが固まっていると読んで、58pのノベタンでリーチ。

2順後、うちの打白を上家がポンするも、ペン98pを落としてまわしにいったために放銃。
ちなみに9p山3でした・・・(泣

うち+54 A+4 B-17 C-41
投稿画像
1順目からAが789sをチーし、露骨に流しにかかる。
ただしこのチーは非常に手が透けやすいので、無視して進めることに。
そして4順目の手牌がこれ。

平和のみの1向聴から2pをツモったところ。
ここで悩んだ結果、ドラくっつきを放棄して3色を見ることに。
3pツモれば、打1pで雀頭候補は56678pが非常に優秀。
先に3mを引けば素直に平和でリーチをかける。
決勝は1回戦勝負。 うちのチームから3人が決勝進出してたw
決勝は、流局も織り交ぜながら安い手を各々があがり、とても平たい展開に。
南2局に上家A(北家)が1000/2000を和了し、この半荘で初めて持ち点を30000点以上に乗せる。
うちは7400差の2位。4700差に対面Bが3位、下家Cとは5900差。
南3にBが2400をツモ和了。順位に変動はないものの、Aが親かぶりをしたためうちとの点差は6800に。
オーラスはラス親。7700か3900直撃・2000オールで逆転。
準決勝2回戦は、Bが常に一歩リードしながら、それをAとうちが追う展開に。
Cはひとり沈みなので、この時点でうちの通過は凹んだ3位を取らなければ確定の状況。
南2開始時点で上家・親B31100 下家A30300 うち29200の三つ巴の争いに。
南3でBがCから7700をロン和了すると、オーラスでもCから5200を和了し終了。
うちは3位で終わるも、トータルではほぼ安泰のTOP通過、Bが2位通過に。

B+63 A+12 うち-11 C-64
準決勝1回戦も、序盤はどの和了にも絡まない我慢の展開。
横移動が激しいために、南入の時点でTOPとラスの点差は8300点。
うちは22000の3位につける。
南2でラス目の上家AがTOP目のトイメンBからダマ跳満を和了してひとつ抜け出す展開に。
南3でうちが下家Cから満貫をロン和了。TOPのAとの点差を900点にしてオーラスへ。ラス親はA。
ここでうちに配牌1向聴・中対子の速攻手が入り、面前で仕上げて楽に終局できた。

うち+59 A+8 B-22 C-45
2回戦はうち(北家)がB(西家)に2600を放縦してスタート。
うちはBより上の順位であること、ラスを取らないことがほぼ必須条件。
南入の時点で、C(東家)33100 うち30800 B18600 A17500。
南1でBがAに放縦しAが3位に。
この時点でうち・A・Cの3人がウマオカ含め20P以内の範囲に入る。
南2でうちが3900を和了って頭ひとつ抜けて、オーラスで26オールのツモ和了。
結果的には余裕のトータルTOP通過。
うち+66 C+11 A-27 B-50
予選1回戦は東1局から、横移動を繰り返すやや荒れた立ち上がりに。
そんな中でうちは和了・放縦どちらにも関与せず、原点のまま東4局の親番。
ここでTOP目からの9600直撃を和了って、TOP浮上するも
南1局にうちに放縦してラス目に落ちた下家が親倍をツモ和了w一気に抜け出す。
その後うちは原点付近の点数を維持。
3位目と4位目での点棒移動が激しい展開w
南3で七対子をツモって、TOP目との差を10300点で迎えたラス親は下家が7700を和了して終了。
うち+8 A+66 B-22 C-52
ルールは予選2回戦・卓2位抜け→準決勝2回戦・卓2位抜け→決勝1回戦の
オーソドックスなトーナメント形式。
一応サークル対抗戦なんだけど、コンビ戦ではないのでまずは自分優先で打つ。
予選と準決勝はウマ1-3の2回戦勝負なので、TOP取れればほぼ勝ち抜けという感じ。
赤は各1枚。 喰い変えなし。
昨日、とあるサークル対抗戦に出場して優勝してしまったw
コンビ戦じゃなくて、優勝した人の所属チームの勝利って感じの8:8トーナメントw

反省も交えてハイフみながらちと振り返ってみようかなと・・
今日から日本シリーズだ!!
がんばれロッテ!!
あれぷーさん今東京?

( ・ε・。)

プロフィール画像を表示
隠れてやってますw

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード