FC2ミニブログPIYO

  • 2021.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
洋上風力発電は台風が来るから無理。地熱発電は火山がないから無理。水力発電は既に開発し尽くした。火力はCO2の問題でこれ以上増やせない。原子力が止まったらどーすりゃいいのさ四国は。いまだ革新の最中にある太陽光や天然ガスの技術成熟を待つ?それにしたって時間は必要だ。今すぐ伊方を止めるなどという選択肢は現実的でない。将来的には無論0%にすべきなのだが
今気付いた。“あから”って不動明王なのねw http://en.wikipedia.org/wiki/Acala
じつは昭和21年南海地震の大阪の震度は4で、揺れによる家屋などの被害はほとんどなかった。津波はあるにはあったが、大阪港で水位が80センチほど上昇しただけ。漁船7隻に小被害を生じただけにとどまった。まあ、大阪全体として津波被害は微々たるものであった。ところが、1周期前の幕末の安政南海地震 (1854)の被害はこれよりはるかに大きかった http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=74fall&ac3=3003&Page=hpd_view
同一のアスペリティで高速すべり(大地震)とスロースリップが両方起きることはないという指摘 山中・菊地(2001) http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_20/13-Ando2.pdf
豊後水道では数年毎にスロースリップ(ゆっくり地震)が観測されている。最近だと1997-1998、2003-2004、2010。1回あたりMw7.0程度のエネルギーが解放されるようだ。スロースリップは大地震のリスクを低減させると言われてきたが、東日本大震災の震源域にはスロースリップが起きていた領域も含まれており、必ずしもスロースリップ=安全とは言い切れない http://www.gsi.go.jp/kenkyukanri/kenkyukanri60004.html
慶長と言う時代と地震から、今回の地震を学ぶ http://minkara.carview.co.jp/userid/863031/blog/22157353/
青木幸子先生将棋フェスタにいらしてたのか…ますます行けばよかったorz http://blog.livedoor.jp/urouroyurayura/archives/1642229.html http://blog.livedoor.jp/urouroyurayura/archives/1642822.html
山歩きに使えるかと買ったんだけど、まともなトレッキングポールを手に入れてからは傘立ての中に
南海地震のたびに道後温泉の湧出が止まるのは有名な話 http://www.asahi.com/national/update/0504/NGY201105040036.html
そうかponanzaは詰めの甘さでシードを逃したことになるのか
隠岐-scherzoの棋譜に驚きを隠せない。もちろん悪い意味で。よくこれで2勝もできたな隠岐…
ゴウじゃなくてツヨシです…好きな作家の名前間違えられると切ない。あとで問い合わせしてみる http://www.manganime-niigata.jp/list_ma.html#matumoto
マスメディアにスルー、あるいは叩かれがちな天才アスリートはどうしても応援したくなる。ゴルファーだとマット・クーチャー、申智愛、不動裕理など

路面らいだー

プロフィール画像を表示
ぴよー

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード