FC2ミニブログPIYO

投稿画像
まだ夜長という感じではないですが、それ用の気楽な本を買ってきました。
この一年、司馬さんの「坂の上の雲」と「龍馬がゆく」の長編を続けて読んでいたのでしんどいことでした。
で、ようやく気楽なおじさんにピッタシの本たち。
佐藤愛子さんは若いときから読んでます。
酒井順子さんはいっときおもしろうなくなって離れていましたが、最近のもんはまた良くなってきた。
東海林さだおさんの本はいわずもがな。
テレビも映画もいいけれど、布団の上でごろごろ気楽に、自分のペースで本を読む至福よ、まぶたよ、よだれよ!のう。
投稿画像
毎年、どなたかからいただいて食べてる「もちきび」です。
白や黄色のもあります。
スイートコーン全盛の時代も長くなっていますが、その前のとうもろこしといったらほとんどこの種類だったようです。
「昭和レトロのとうもろこし」なんて呼ばれてたりしてさ。
食感は、その名前の通りモチモチしていて、表皮かたく、甘みは少ない。
人生経験豊富なおじいさん、おばあさんのような質実剛健、実質を重んじてます、堅実な人生というような味のとうもろこしであります。どや。
投稿画像
今年の初物、いただいた栗をゆでて食べました。
厳しい暑さにも負けず、こんなに大きく育ってくれて、おじさんも見習いたいもんです。
まあ栗のほうは、女子高校生に食べていただきたかったと泣いているかも知れませんけどさ。
投稿画像
ありふれた朝食の目玉焼き。黄身もやぶけず、まあまあうまくできた。
さてこの目玉焼きになにを掛けて食べるのか。
あっさり塩コショウ、いやいやおしょうゆ、わしはソースやぞ。
ソースもウスター、とんかつ、お好み焼きソースもある。
わたしはケチャップでいただきたい、だめだめポン酢がいいざます。などなど。
写真の目玉焼きを作った人はどうも優柔不断な人のようでおしょうゆとケチャップがまだらにかけてあるぞ。
そのあとに発生するのは、黄身から食べるか、そんなアホな白身からやろ・・・たかが目玉焼きの、されど。
投稿画像
お土産屋さんの休憩室にあった鈴虫の箱。
元気に鳴いておりましたが、今頃どうなっていることでしょう。
鈴虫の成虫期は二ヶ月ほど。
リンリン鳴くのは、セミと同じくオスの方。
がんばって子孫を残してくれることを祈るのみ。

箱の中のウサギらしい人形がとってもホラーです。
投稿画像
美観地区の喫茶店にデコレーションでおいてあった仏様。
触っていないので石やら木やらもわかりません。
円空さんや木喰さん風でもなさそうな。
手を合わせ、ほほえんでいたらありがたいほとけさんになれます。
さあみんなでいっしょに、かみさまほとけさま。
投稿画像
以前は普通の家庭で普通に使っていたのに、最近はついぞ見かけなくなった道具。
旅館の部屋においてあった茶こぼし(建水)です。
小中高校生には使い方もわからない人が多かろうて。
用途は、茶碗を温めたお湯や飲み残しのお茶や茶殻を捨てるもの。
最近は旅館やホテルのお茶はパックになっていて、パック捨てですけれどね。
古代ローマの涙つぼや、汽車の痰つぼ、尿瓶(しびん)など人はいろんなものを捨てもって、ためもって生きてきたのに、いまはもう遺物となりぬ道具の数々。
投稿画像
淡路島の伊弉諾(いざなぎ)神宮の一角に設置されていたリーブ21提供の「頭髪感謝の碑」
髪は神に通じるとか。
えっ、わし?当然、碑の頭をさりげなくなでてきたわい。
今のところ霊験は、ない。
投稿画像
岡山駅で見かけた「青春感謝」の銅像。
「胸に無限の 覇気あらば 守れ不屈の 意気の香を」のメッセージが添えられてます。
バンカラといういう言葉もほぼ使われなくなっていますね。
貫一お宮の貫一にも見えて、岡山の暑い夏の空を厚着でしっかと見上げて、熱中症に気をつけてね。

っと、パソコンの具合が悪いので数日コメント返しが不規則になりますがご容赦ください。たぶんパソコンも夏バテやろ。
投稿画像
姫路城の近くのお土産屋さんの店頭で見かけた米俵。
そばに大黒様でもいそうな、やっぱりおめでたい感じ。
30キロ入りの紙袋や、10キロ入りのビニール袋にはいったお米が積まれているのを見かけても、おめでたいなあとは思わない。
でも、今こんな俵を手作業で編んでいる人も居りますまい。
大黒様の出番も減って余計にメタボとなりゆくか。
投稿画像
淡路島の伊弉諾(いざなぎ)神宮にあったさざれ石です。
君が代に歌われる石は岐阜あたりのもののようです。
「さざれ石」とは、石灰岩が雨水で溶解し、小さな石の集まりが炭酸カルシウムや水酸化鉄などによって埋められ、ひとつの大きな石の塊に変化したものだそうです。
日本神話のイザナギ イザナミが祀られている神社にぴったしのデコレーションですね。
投稿画像
淡路島で玉ねぎを食べ、改修中の姫路城のクレーンを見上げ、倉敷の美観地区でコーヒーを飲んで、岡山で大手まんじゅうを買い、高松で熱々のうどんを食べて、走行距離900km超を車で走ってへとへとになって帰ってきました。
ソフトクリームと、カキ氷がとてもおいしかったです。
投稿画像
NHKの『思い出のメロディ』で「俺たちの旅」を歌う小椋 佳と、中村 雅俊。
そうか、俺たちの旅はもう懐かしの歌になっちゃってるんやなあ。
で、ふたりの歌に触発されたわけではないですが、わたしら一家も夏休みの旅に出ます。
淡路島、姫路,岡山、香川を車でぐるっと一回り。
で、ここも四、五日お休みです。
それでは行って参ります。
投稿画像
15年ほど前の高知のうどんといえば、断面が丸くて腰のないふにゃふにゃのそうめんを太くしたような麺が主流であった。うどん専門店も少なかった。
加ト吉の冷凍うどんが普及し始めてから讃岐系の、硬くて角張った麺が出回るようになって、今は本格的なうどん専門店があちこちにできている。
味は15年前とは雲泥の差。
この間入ったうどん屋さんのかけうどん。
かけなのに天かすが入ってる。
かまぼこがおめでたそう。
だし汁は薄味。
横行跋扈している讃岐系のうどんの行く末などのことをおもいつつ、ずるずるとすする。
投稿画像
資源が豊富な立派な海と川があるここ高知。
毎週金曜日の朝刊には海、川のつり情報。
わたくしは釣りをしないので深く読むことはしないのですが、釣り好きの人には参考になるデータなのでしょう。
キス、チヌ、カマス、コッパグレなどが釣れているようですね。
今年の夏は日差しが強いので釣り人も暑さ対策をそれぞれ工夫しているようです。
釣れる魚の種類で感じる季節。
へたに深海魚なんぞ釣れはじめたら地震の前兆とかんぐった釣り人が真っ先に逃げ出しそうです。津波に備えてサーフィンの練習をする・・・ひとはすくなかろ。

からつや

プロフィール画像を表示
高知の山の中のやきもの屋です。陶芸教室もやってます。
拍手する

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード