FC2ミニブログPIYO

投稿画像
ある日の朝食。
味噌をつけた焼きおにぎりと、バターとにんにくをぬったフランスパン。
好きなほうを選べる、贅沢と言えば贅沢。
どちらかに決めんかといえば決めない優柔不断。
世界三大穀物を使った食べ物ののうちの二つが仲良く並んで喜ばしい。
平等を重んじているような詭弁を弄するおじさんは両方いただいて、朝から元気です!
あるとしてもわしにはどうしてあげることもできないのだけれど、もんくあっかっ!
投稿画像
この間食べたかぼちゃの煮物。
かき氷も食べた。花火も見た。よさこい祭りも終わってしまった。
浮かれてすごす夏も、もう後半。
かぼちゃはそのはずんだ名前の割には、またてんぷらにしたときに比べると煮物にした場合、実に実直な食べ物である。
滋味滋養などというような言葉がうかぶ。
大根、白菜、竹輪の地味さにも通じる。
これらの食べ物は食卓に出てきてもそれほど大喜びされることもなく、もそもそと食べられてゆく。
かぼちゃを見習って、来たるべきおだやかなる秋の夕暮れを待つことにしよう、そうしよう、などと。
投稿画像
時折見かけると買う「中華ポテト」
関東の「大学芋」とは違うことになっているらしい。
中華ポテトはサツマイモを油で揚げて、大学芋より濃い目の糖蜜につけて、ゴマはかけない。
冷めると外側の糖蜜が固まってパリパリになる。
これで116円は高いように思うけれど、自分でお作りなさいと言われたら安いことにしておく。
おやつなのか、おかずなのか判定が微妙な食べ物である。
投稿画像
このあいだ入ったラーメン屋さん。
かねてより「ラーメンにもやしは要りません」と言ってきたおじさんの要望どおりのもやしが入っていないしょうゆラーメン。よしよし。
が、しかしもやしは要らないけど、シナチクは要るのです。
このどんぶりの中にはきくらげを細く切ったものが入っている。ああ、シナチク。
麺は細めん。もうちっくと太うてもかまわんぞ、麺よ。
スープは味濃く、チャーシューはえらくやわらか。
どんぶりひとつのこの食べ物を前に、あれやこれやいろんなことどもを思いつついただく、ややこしいおっさんや。
投稿画像
きのうの新聞の端っこにちっちゃく載っていた政府広報。
夜に新聞を読み直してみつけました。
そうか、正午に黙祷をする人たちもいたんだ。
でもたいがいの日本国民はお昼ごはんのことを考え、準備し、食べて過ぎてしまったことだろう。
わたくしもそのなかの一人です。
投稿画像
たまたま通りかかって見かけた、高知のイオンの南裏にある小さな「正一位三島稲荷大明神」のお狐様。
口にくわえているのは巻物のように見えますが、たぶん部品の細いところが壊れてしまった「鍵」だったのでしょう。
イオンで「お稲荷さん」を買って、この神社にお供えするという筋の通った物語のようなことはせず、ただ手を打って頭を下げて帰ってきました。
投稿画像
今の時期の夜店でやっぱり目が行く焼きとうもろこし屋さん。
目が行っただけで食べちょりませんけれどね。
一本500円、自宅で焼いたら四本ぐらい食べれるろうけど、自宅で焼きとうもろこしはとっても面倒なもの。
たぶん品種はアメリカンスイートコーンやろか。
世界三大穀物のひとつのとうもろこしは、日本では主食にはならんかったねえ。
小麦も高くなりそうな。
焼きおにぎりでも食べちょこかねえ。
投稿画像
田んぼのない街の中心繁華街で、たくさんの人が浮かれ踊ってよさこいのお祭りを楽しんでいる間にも、その周辺では稲刈りの真っ最中。
踊る人も収穫する人もそれぞれの喜びがあって、そして暑かろう。
どちらにも属さない見物人のようなおっさんは、アリとキリギリスの寓話などを思い浮かべるけれど、アリとキリギリスのほんとの楽しさは見ることもできずにエアコンの涼しい部屋。
実は、わしがキリギリスかいなあ、バイオリン弾けんけどなあ。
投稿画像
きのうは雨のなか、よさこい祭りの本祭りの二日目。
きょうは全国大会と後夜祭。
よさこいは、踊り子の衣装や振り付けもさることながら、各チームの先頭を行く地方車も年々派手になってます。
この写真の車はまだおとなしい方で、なかには木造のはりまや橋を載せているトラックもあります。
地方車には大型アンプと歌い手、生バンドの演奏者が乗っている車もあります。
「地方車奨励賞」という賞も設けられていて準備してきた裏方の人たちを喜ばしたり、憤慨させたりしてのお祭りも今日でおわりが、ちょっとさみしくホッとするわい。
投稿画像
花火の写真を撮っている人たち。
花火と趣味の両方楽しめていいよなあ。
撮ってるカメラもきっと高いんだろうなあ。
それにひきかえわしのカメラなんか・・・とかひがみつつ写しました。
投稿画像
ゆんべは高知市の納涼花火大会とよさこい祭りの前夜祭。
写真は中央公園の特設ステージ、ラストの組の踊り。
花火は打ち上げ場所の真下で見て、イカ焼きにビール。
上向いて、ぽかんと口を開けて今年のお祭りが始まりました。
投稿画像
このあいだ行ったラーメン屋さんにおいてあった業界誌。
華やかな、かつ哀愁に満ちた、そしてわびしい物語の数々。
「今の政治はいかがなものか!」という、類が類を鋭く批評もしてたりします。
ラーメンは濃い目で強い味。
店主と目を合わせることなく600円を正しく支払って店を出てくるおじさん。
心なしか肩の辺りがいかって、胸もそり気味になっちゃってさ。春日かよ。
投稿画像
高知のイオンにある楽器店。
フォークソング世代はついついギターに目が行きます。
ウクレレも楽しそうですね(弾けんけどね)。
弾いたら高木ブーに似てるって言われてしまいそうですけんど・・・気分はジェイクシマブクロ。
投稿画像
昼過ぎの午後1時38分あたり。
誰もいないバッティングセンター軟球低速コーナー。
おじさんが鼻の穴ふくらませて、大汗かきながらひとりバットを振っている。
人生に悩みでもあるのだろうか。
青春時代に何かやり残したことでもあるのかしら。
おやおや、二セット連続で打ったぐらいで肩で息してゲージからでてきたよ。
受付のお兄さんにぺこぺこ頭下げて冷たいおしぼりをもらって汗拭いてまあ!
ただでさえ暑いのに冷房もないバッティングセンターでバット振って余計暑くなって・・・神よ!こんなおじさんに幸あれかしっ!
投稿画像
街をうろうろ歩いていてあんまり暑かったのでこれれこれ!と買って食べたカキ氷。
おじさんにはレモン味もイチゴも似合わないので「みぞれ」です。
カキ氷のみぞれとは、大根おろしが掛けてあるものじゃなくって、砂糖水を煮詰めたシロップが掛けてあるものです(あたりまえ)。
量もちょうど良くって150円。
練乳さえかけないところが「おとな」でしょ、「おっさん」でしょ。
さてかき氷食べてちょっと涼しくなったので借金の返済を遅らせてもらいにでも行くか行かんか。へへっ。

からつや

プロフィール画像を表示
高知の山の中のやきもの屋です。陶芸教室もやってます。
拍手する

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード