FC2ミニブログPIYO

  • 2021.7
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
現在、シャツと呼ばれている前ボタンで身につけられる男性用の上衣は中世からルネッサンス期にかけて考案されたが、当初は下着であった。膝まで丈がありズボンの中に入れ込み、下履きを兼ね着用した。ワイシャツの裾ラインがカーブしているのはその名残である。
ブライズの前面には、ボタンや紐で留められる窓があり、脱がずにここを通して男性は排泄を行うようになっていた。この窓は徐々に男性の魅力を増すため装飾され、コッドピース(codpiece)と呼ばれるようになる。
ルネッサンス期に入ると、チャスズはより体に密着するタイツのようなものになり、ブライズは徐々に短く、小さくなっていった。しかし、このどちらも他の服で覆う事はなかったため、厳密には下着のうちに含めるべきではないかもしれない。
豊かな者はチャスズ(chausses)という足を覆う下着を着用していた。
腰と太ももで紐で固定するブライズ(braies)と呼ばれる薄手の素材のズボンが着用されていた。
中世ヨーロッパでは、毛や麻などの目の荒い織物から、柔らかい綿などの平織りの素材で作られるようになり、またゆったりとした衣服のデザインが流行した。
古代社会では、男性だけでなく女性もこのような下着を着用していた。古代ギリシアと古代ローマ帝国では、ローブのように胸から垂らした布により下着を隠し、落ちないようにピンや金具で支えていたとされる。また多くのローマ帝国の人々は尻と股を隠す現在のショーツに良く似た下着を着用していた。
多くの古代の文明ではこのような下着が唯一の衣服である。アジアやアフリカ、それにインドなどの様々な社会でこのような簡素な下着が使用され続けている。
ジャングルなどの熱帯地帯では、褌だけで快適に生活することができる場合が多く、この場合は下着ではなく、ズボンのように服の一部とみなすことができる。しかし、それ以外の地方では下着の上に数枚の衣服を重ね着する。
大きく分けると2つの種類に分けられる。紐で腰に結びつけて股の下を通し、後ろで紐に通し固定するふんどし型のものと、胴回りに幾度も巻き付けてピンや細いベルトで止める腰巻き型のものである。
適当な大きさに作られた布を腰に巻きつけたものが最初の下着であったと推測される。
女性用下着は、大きく分けて次の3種類に区分される。

ファウンデーション(foundation):補正下着
ランジェリー(lingerie):装飾下着
アンダーウェア(underwear):通常の肌着としての下着
日本では、ファンデーションとも言い、特に補正力(補整力)を強調する場合には、そのまま補正下着や補整下着と呼ばれることもある。
基礎衣類を意味する英語の「foundation garment」(ファウンデーション・ガーメント)の略で、補正のための下着を意味する。
ファウンデーションとは、女性のボディラインを整えることにより、その上に着る衣類のシルエットをより美しくするための下着の総称である。

オーグ補正下着メーカー評判口コミ電話

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード