FC2ミニブログPIYO

日本では、ファンデーションとも言い、特に補正力(補整力)を強調する場合には、そのまま補正下着や補整下着と呼ばれることもある。
基礎衣類を意味する英語の「foundation garment」(ファウンデーション・ガーメント)の略で、補正のための下着を意味する。
ファウンデーションとは、女性のボディラインを整えることにより、その上に着る衣類のシルエットをより美しくするための下着の総称である。
文京区立中学校全10校中6校で校則により着用できる下着は白色または肌色に規定している。
下着を身につけることは宗教上の意味合いを持つことも多く、末日聖徒イエス・キリスト教会におけるガーメントのように特別な服装の一部であることもある。
また、ある下着販売会社が広告の一環としてモデルに下着のみを着用させて、ニューヨークのタイムズスクウェアの周囲を歩かせたこともある。
活動家が下着だけになる理由は様々であるが、獣毛を着用するぐらいならば脱衣も辞さないという決意と、社会の注目を集めることが大きな理由である。
何らかの意図を政治的に示すために下着のみになることも広く行われている。最も有名なものは、動物愛護運動家の間で毛皮着用に抗議して、下着のみで行われるデモである。
アメリカの一部の州の刑務所ではピンクや蛍光色の下着を受刑者に支給しており、脱獄時に脱走者が着替えれば人目につき、発見されやすいようにしている。
多くの社会では、下着のみを着用していることは裸とは呼べないが、それに極めて近い状態(半裸)であると認識される。
欧米やその他多くの社会では、下着や裸に対する禁忌が強く、20世紀の半ばを過ぎるまで肌を露出することを極度に避ける慣習があった。
Tシャツはアメリカの労働的階級の下着とみなされている歴史があり、Tシャツのままでは品性を疑われ、公共の場に現れるべきではないとされていた。現在でも高級レストランや冠婚葬祭などの改まった場では、Tシャツはその場に相応しくないマナー違反の服装とされているのは、この慣習である。
女性用下着は、大きく分けて次の3種類に区分される。

■ファウンデーション(foundation):補正下着
■ランジェリー(lingerie):装飾下着
■アンダーウェア(underwear):通常の肌着としての下着
基礎衣類を意味する英語の「foundation garment」(ファウンデーション・ガーメント)の略で、補正のための下着を意味する。日本では、ファンデーションとも言い、特に補正力(補整力)を強調する場合には、そのまま補正下着や補整下着と呼ばれることもある。
ファウンデーションとは、女性のボディラインを整えることにより、その上に着る衣類のシルエットをより美しくするための下着の総称である。

オーグ補正下着メーカー評判口コミ電話

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード