FC2ミニブログPIYO

1960年代には、電子素子の発達によりプッシュホンなど電話機の信号方式の一種となり、ダイヤルパルス信号との併用が始まった。
ダイヤルパルス信号(規則的な回線断続信号)を加入者電話交換機でDTMFに変換し音声信号として個別線信号方式で伝送していた。
DTMFは、1950年代後半にアメリカ合衆国のベル研究所で、回線の断続によって信号を伝送できない無線通信や多重化回線で電話番号情報を伝送する技術として開発された。
家庭用留守番電話機の普及黎明期に、外出先のダイヤル式公衆電話などから録音機能(再生、消去など)の遠隔操作に用いられた。あるいは電子住所録から自動ダイヤルする目的で、電子手帳や多機能デジタル腕時計に内蔵されたこともある。また、DTMF信号を復号し視覚化する解読器もある。
電話機側音声回路の送話器(マイクロフォン)と音響接続して、DTMF信号を送出するDTMFダイヤラーと呼ばれる機器がある。
ダイヤルパルス信号と比較して次の点が特徴である。
情報伝達速度が速い。8数字/秒以上が可能である。
ツイストペアケーブル通信線路のみならず多重化・無線通信回線でも使用可能である。
プッシュ式電話回線での電話番号の送出、その他音声回線での数字入力(例・コールセンターでの着信後の項目選択)などで用いられる。
別名「トーン信号」「プッシュ信号」「PB信号」(PBは push button の略)とも呼ばれ、その信号音は人間の可聴域にあるため日本語では「ピ、ポ、パ」とも擬音語表記される。
DTMFは、0から9までの数字と、*、#、A、B、C、Dの記号の計16種類の符号を、低群・高群の2つの音声周波数帯域の合成信号音で送信する方法である。
多機能電話機で機能が置き換えできるため、PSTNマイグレーションに合わせて提供終了見込みである。
プッシュホンが、「ピッポッパ」と擬音語表記されるのは、短縮ダイヤルの3桁発信音のためである。
短縮ダイヤルサービスは、(Sextile-symbol.svg)ボタン+数字2桁で、あらかじめ交換機に登録しておいた番号に電話がかけられる電気通信サービスである。プッシュホンの基本サービスとして売りにしていたが、1980年代には付加サービスとなり、省略して基本料金を引き下げられるようになった。
トーン回線/パルス回線の共用交換機の整備が遅れ、トーン回線は専用の交換機を使用する必要があった。そのため電電公社は、プッシュホンの基本料金をダイヤル式よりも高額に設定せざるを得ず、パルスダイヤル式電話回線が長い間併用されることとなった。加算は2005年に廃止され、同一料金になった。
1985年の電話端末機器の自由化以後、ほぼすべての押しボタン電話機が、パルス信号・トーン信号を切り替えて発信する機能を備えているため、押しボタン式電話機であっても回線種別がトーンダイヤル方式とは限らなくなった。
日本においては、1969年に初めて販売されたトーンダイヤル方式専用の電話機「プッシュホン」を指し、ダイヤルパルス方式専用である回転ダイヤル式電話機とあわせて、それら回線方式を区別する用語としても機能した。
1964年にウェスタン・エレクトリック社が発売した、最初の市販電話機Western Electric Model 1500(右写真。ボタン配列を、回転ダイヤル風だったモデル500から改めた機種)は、1から0の10ボタン式であった。1967年発売のModel2500から、「Sextile-symbol.svg(スター、星印)」、と「#(ナンバー、井桁)」のボタンがある、現在と同様の12ボタンとなっている。

オーグ補正下着メーカー評判口コミ電話

プロフィール画像を表示
ボディスタイルをコーディネイトし、 ファッションアイテムとしてのファンデーションを 楽しめる オーグの 補正下着 ミネルバ 。 お客様から頂いた喜びの声( 評判 ・ 口コミ )などご紹介いたします。

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード