FC2ミニブログPIYO

現に私は終盤の展開でそれまで好きだった鬼殺隊側のキャラが軒並み苦手になってしまった
童磨の鬼としての所業ではなく、人だった時からの存在そのものを否定し嘲笑ったカナヲ
善逸の獪岳への最後の言い草(善は確かに贔屓はされてたでしょ、誰だって自分を慕う愛嬌のある子どもは可愛いしそれは仕方ない、でもそれって善は音のギフトがあるから甘えられる相手を選り分けることができたからで、おまけに善は自分のせいで兄弟子が不満を募らせていたことを音で知っていた、なのに態度を改める事なくサボり、逃げ出し、”爺ちゃん”へ甘え続けた)

コメント欄を閉じる

oto

プロフィール画像を表示

PIYOトモ一覧

現在PIYOトモはいません

ぴよぴよワード