FC2ミニブログPIYO

  • 2021.6
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
昨日を忘れ今日を生き
無意味に沈む自分の弱さ認めます
今日の次の明日という日
根拠なしの強がり捨てて進みます

ふぅ。何とか逃げずにいけるかも。
大丈夫そうです。どうもありがとう。
もう走れないって思っても
止まちゃいけないときもあるんです。
追い込んで追い込んで
強がって強がってやっていく時期みたい。
きっと抜け出すはずなんです。
暗示をかけよう。まだまだ大丈夫大丈夫。
涙の夜になってしまいました。
普段は泣きたくても泣けません。涙が出ないんです。
それなのに・・・

激しくネガティブなこと書こうと思ってここに来ましたが
応援コメントいただいてなんとかこのくらいで制御できました。
どうもありがとう。
もう~。気持ちがトゲトゲだ。
毎日、生きてるだけで失敗の山。
量産体制に入ってる。もう三ヶ月間くらい?
いや、昨秋くらいからずっとかな。
自分の欠点にここまで苦しめられるとはね。
直す努力を怠ったせい。自業自得。。。
倒れちゃいそうだけど今はダメだぁ~
10年くらい住んだ場所がありました。
時間と体力にまかせていろんな道を歩き回って
この先のあの角を曲がればその花が咲いてる
そんなことで頭がいっぱいでした。
季節がめぐればそこに行けばよかっただけ。
今ならきっと新芽が出てる、種子がはじけてるって。
雑草オタクだったんです。
限界超えてたところあったのに弱音をはいちゃいけない気がしてた。
大丈夫だって思ってたけれどとうとう決壊しちゃったし。
追い込みすぎてたみたいです。立て直しも自分でやるしかありません。

意図的にちょっと違うことやってみた。
好き嫌いだけでやっていられた昔みたい。
必要だったんです。すすっと通り抜けるさらさら感。
コスモスといえばやっぱり淡いピンク色。
秋空によく似合います。
キバナコスモスは濃いめのオレンジ色が主体です。
真夏の暑さにも比較的強いようで炎天下でも咲いています。
矮性種は、時々、間違われてますね。
夏花壇の主役クラスのマリーゴールドって。
似てるといえば似てるかな?
はぁっ。やっぱりこっちが似合うんです。
ぐちゃぐちゃしたものを消せたみたい。
気持ち切り替えてリスタート。
そういうのってわがままですか?
一番思い出に残る場所はどこですか?
そう尋ねられ真っ先に思い浮かぶのが独りで行った場所。
もちろん花の思い出と一緒なんだけど。
「同じことするにも誰かと一緒が楽しいよね?」って。
それはその通りなんだけど。
妙に刺さってしまったよ。どうにもこうにも。
こんなときは気を使います。特に冬の朝は参ります。
霜の降りたロゼット探しと子供たちの通学時間が重なると
カメラを持ってキョロキョロうろうろは不審です。
性格だけは変わりません。無鉄砲な山登りも多かった。
小さな体にザックが2個ってこともありました。
そんな姿は珍しかったんでしょうね?
身振り手振りを交えて花の説明をしていると
そんなことは目的じゃなかったんだ
やられた。不意打ちだ。写真は嫌いなんだけど。
まぁ。若気の至りってもんでした。
在来の草花の茂みには帰化種もなかなか入れません。
新たな造成地にはいち早く帰化種がやってきます。
あっという間にできあがるパイオニアたちの楽園です。
時には少ない種数の大群落になりますね。
植物たちは敏感ですね。
厚手のコートが手放せない季節にも
いち早く新芽を伸ばしていたりするんですだから。
コンクリート壁の隙間で越冬する雑草がかわいいです。
その姿が高山植物みたいに見えるんです。
あぁ。やっぱり行きたい。夏のお花畑。。。
猛暑でへたった花びらは厳しく落ちた雨水の
その重さには耐えられずみんな一緒にうつむいて
それでも少し涼しげです。きっと今は充電中。
明日の朝にはもう元気。
草花の名前の覚えたて
最初に当るセリ科の壁
決め手は種子の形です

populus

プロフィール画像を表示
はじめまして。よろしくおねがいします。
rss

PIYOトモ一覧