FC2ミニブログPIYO

  • 2021.7
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
あーぁ(・・`ばかしちゃったぁ。せっかくひっそりと小説書こうって思ってたのに身近な人にばれちったよ…。同じサーバーでページを作るのはよくないね(・・`とりあえず2日後にでもページ消そう。
もぉ恋なんてしないっ
これであいつらが別れでもしたらあいつブン殴ってやるっ。あたしをここまで追い詰めて結婚までいかなかったら諦めきれない。絶対ブン殴ってやる。でもなんだか今回は違うみたい。あたしのかんであれは別れそうにもない。だからなおさらムカツク。
もういや。助けて。誰か助けて。頭おかしくなりそう。なんであたしがこんな思いしなくちゃいけないの。なんでなんでなんでなんでなんで!?なんなの!?どうしてどうしてどうして。何がいけないの何が足りないの何が不満なの。結局あたしあなたの気持ち最初からわからなかった。何かあったら教えてって…何度も言ったのに。一度も言ってくれたことなんてなかった。さいてー。ホントさいてー。これであいつらが別れでもしたらあいつブン殴ってやるっ。あたしをここまで追い詰めて結婚までいかなかったら諦めきれない。絶対ブン殴ってや・・・
夢が壊れたお話。つづき...泣き虫な彼女は一日中泣いていた。風の噂で、彼と誰かはつきあっていると耳にした。それから彼女は人を信じることも人を愛することもしなくなった。永遠と信じたものを探して、中身の無い飴缶の様に虚ろな表情で、ぽつんと歩みを止めた。またいつか彼が、彼女の涙を拭いに来てくれることを待って。
夢が壊れたお話。彼女と彼はとても愛し合っていた。短い間にことはとんとん拍子に進んで、彼女は人生で一番幸せだと思っていた。両親も祝福していた。だがその短い間にもやはりすれ違いというものは生じていて、それが積み重なり、彼を苦しめていた。わがままな彼女はこの関係は一生だと信じ、彼の心の揺れを感じることができなかった。彼は誰かに恋をした。彼女は深く傷ついた。裏切られた気持ちでいっぱいだった。全てを彼のせいだと言い、自分の非や過ちに向かい合わなかった。そしてとうとう彼はさよならを選んだ。泣き虫な彼女は・・・
年が変わったって自分自身が変わることはない。わかってるのに。変わってないことに気付いて腹立たしくなった。期待してる自分がいる事に気付いて恥ずかしくなった。なんど同じ様なことを綴ってきたのだろう。もう本当は終わっているのに終わってなんかいないと勝手に主張して。忘れたふりをして嫌いだなんて言って逆に自分傷つけて。馬鹿馬鹿しい。こんな自分は大っ嫌いだ。
嫌い。



そう口にする度に
自分が傷ついてた。

それにさえも
ずっと気付かないで
いつの間にか
ボロボロだった。




運命なんて信じない。



返して。
今すぐ全部返して。
忘れない。
忘れないよ
ずっとずっと。
嘘つき。うそつき。ウソツキ。

Safariiの曲が
心にぐっさぐさくる。
涙でるよねー。


加藤ミリヤ/WHY
とか
平井堅/僕は君に恋をする
とかぼろぼろに
涙出るー


恋人なのに片想い。


私を愛して。


愛しいじゃ足りない。
びっくりだ。
せめて足跡くらい
消そうよって感じ。

だからといって
どうもないんだけどでも
どうしよう…
お腹すいた…
春あたりにはおだんご結びができるようになったらいいなぁ…
早くさよならしたい。
この冬は
自分磨きに
専念しよう。


絶対絶対ぜぇーったぃ!
後悔させてやるっ!

はぁ…

つー

プロフィール画像を表示
つーです。
ブログやらリアルやらでは
書けない鬱憤を
書くために
ミニブロ作りました。
じゃぁ何のために
ブログやらリアルやら
やってるんだと
聞かれたら何も
言えないんですが。;
……。
そっとしといて
やって下さい。わら
rss

最近もらったコメント

最近書いたコメント

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード