FC2ミニブログPIYO

feed塀と建物の間、庭の隅忘れられた場所にはドクダミが群生しているドクダミ属の植物はドクダミだけだ
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-739.html
feed少しの変化が必要である。素養の可動域は大きい。自信の度合いほど調整が難しいものはない。少なすぎると前に進めないが、多すぎても邪魔になる。何かを始める瞬間までは高いほどいいが、すぐさま減少しなければならない。それ以後は緩やかな増加が望ましいだろう。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-738.html
feed何かを始めるよりも、始まった何かを終わらせることのほうが難しい。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-736.html
feed暑いのは体力を奪うが、卑屈な気持ちにならなくてすむ。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-735.html
feed薬物大量処方で死亡するケースがあるらしい。精神医療が遅れてるせいなのか、それとも…以前から医者は好きじゃないが、さらに嫌いになった。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-734.html
feed窓は人類が発明したもっとも単純でもっとも偉大な発明のひとつだ。同じ景色を見ることのできる窓は存在しない。つまり、それは我々の眼によく似ている。ただ我々の眼と違うのは、それが固定されていることだ。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-733.html
feed先手必勝先手とは、相手より先に、という意味ではない。自分よりも先に、という意味だ。自分が気づく前に行動する戦術逃げるとしても先手をうつべきである。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-732.html
feed誰にでも眠くなる時期、ボーッとする時期があると思う。休日の睡眠時間が長いのと、ボーッとする時間が長い。こんなときに限って…
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-731.html
feedまったく、文字とは不思議なものだ。どんなに強い物欲も、文字にすれば崇高な哲学者の言葉に思える。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-730.html
feedこのニュースは、まだ真相がわかっていないけど、もし、殺人ならとても怖い。本当に私は気分が悪くなってきた。ここから下は調子のいいときに読んでください。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100708/crm1007081244012-n1.htmhttp://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20100708ddr・・・ -- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-729.html
feedこのニュースは、まだ真相がわかっていないけど、もし、殺人ならとても怖い。本当に私は気分が悪くなってきた。ここから下は調子のいいときに読んでください。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100708/crm1007081244012-n1.htmhttp://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20100708ddr・・・ -- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-729.html
feedガラスの向こうにカラスが一羽、とまってる近くで見ると意外に大きいその鳥は、全身に黒い羽をつけた嫌われ者。厚い雲が覆う空に力強く飛び出した。
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-728.html
feed君が耐え得るなら生命のスープに溶け出して混じりあうこともない
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-727.html
feed僕の部屋の窓はいつも明るい真っ黒な窓になることがないカーテンを閉めきらないでいるうちは月なんて見えないのに満月の夜みたく部屋に光が差し込んでくるもしかするとこの世界で生きていくには利己的にならなくちゃいけないのかもしれないそれもそうだ自分を意識するなら1対多の関係が成り立つ割り切ることで動きやすくなることもあるなんといっても、ここは大量消費社会なんだから
-- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-726.html
feed他の人たちは日常生活用に最適化された体なのに、僕は採掘用に設計された体だった。それでも、骨格部がむき出しというわけではなく、手とか顔はみんなと同じで胴体も大半は皮膚があった。僕の可動部の仕組みは他の人とはまったく違っていて、主に油圧式を採用していた。その力に耐えるように骨格は金属を利用していて、手や足などの突起部にはさらに強度の高い素材が使われていた。腹部には動力装置が格納されていて、・・・ -- http://saikonoriyu.blog99.fc2.com/blog-entry-725.html

18

プロフィール画像を表示
直観は最高の理由
拍手する rss
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード