FC2ミニブログPIYO

  • 2021.6
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
長女の幼稚園生活のことばかり考えている。
あまり関心を示さないようにしているが、内心は気が気じゃない。
俺みたいなヘタレにならんように頑張れ・・・。
メモ書きです。
就業報告今日中。
今月分は旧部署と現部署の2枚必要。
なにげに姫が載せてた牌画ってどうやってるのか気になるなw
今朝の天鳳・・・4,2,4

最近、毎朝早起きして天鳳してる。
今朝は大きなミスを2回した。
反省している。
何か掴めそうで少し足りない、そんな感じがする。

まだ今は四段だがR1800に到達してない無能っぷり。
早く特上卓で打ちたいものだ。
自分に鞭打つ気持ちで「今朝の天鳳」をシリーズ化して書いていこうと思う。
厳密にはもう少しいろいろやってるわけですが・・・。
しかも作業ボリューム的に今日も残業ですが・・・。

今日の作業は試作品を15分間つけっぱなしにして動作チェックを繰り返すだけ!
なんという楽勝な作業www
こんな日を待ってました♪
嫁、携帯の充電ができてなかった。
充電器と接続不良の状態だったと思われる。
なので今日は携帯使えません。
今日は雨なので久しぶりに電車通勤。
乗換えで京橋を歩いてたところ、オロナミンCを配っていたので入手。
ラッキー。

元気ハツラツな通勤でした。
天鳳では段位を上げていくうえでラス回避が最重要であるため、
「ラスを引かない打ち方」を追求していく必要がある。
最近、天鳳を打つことが増えてきて徐々にラス回避に慣れてきた。
(以前、天鳳を打っていた頃はトップ狙いの普通の打ち方だった)

おかげで今までよりリーチの重みや意味が明確になってきた。
押し引き判断にもシビアになった気がする。
思っていたよりラス回避の打ち方は良い刺激があった。
こんなことならもっと早く試しておけば良かったw

ラス回避、実は訓練方法として有効かもしれない。
う○こ配牌だった時こそ燃える。
別にヤケクソって意味じゃないぜ。
まるで一打毎に手牌に命を吹き込む職人の如くだ。

まぁあんまり○んこ配牌が続くとむかつくけどな。
これはうまくいった例だが、うまくいかないこともしばしばある。
また次女はデリケートではないが、聞き分けが悪い。
まだ1歳半だが、2歳、3歳となってくれば新しい苦労を感じそうだ。

子どもを育てるのは難しいなと思う。
子どもによって性格がまるで違う。
性格によって良い育て方も全然違ってくる。
麻雀に例えるなら配牌からの方向性の決定および手役作りやドラ受け考慮などだろう。
まだ何巡も続くであろう育児に戸惑いながらも頑張っていきたい。
単純にオチャラケている可能性もある。
長女にとって過去の言動から察するに困った子を演出することで、
それに伴うオママゴト的なやりとりを楽しもうとするのだ。

こららの思考を2秒で終えると俺は対応を決めた。
あくまでも優しくママゴト風にやんわりとパジャマを着ることを勧める。
そして回りくどく遊びに付き合いながら徐々にその気にさせていく。
途中で面倒臭くなってきて「次女に着せちゃおっかな」っと脅したりしたけど、
まぁまぁうまい流れで長女が笑顔のままパジャマを着る方向に持っていけた。
まず絶対に怒ったり叱ってはいけない場面だと思う。
長女は自分でパジャマを着る能力を持っていることを俺がわかっていることを知っている。
敢えて「着れない」と言っているのだ。敢えて。
なぜか?
もしや甘えているのは親子の距離感を掴もうとしているのかもしれない。
子どもが親に甘えた時、わがままに達しないレベルで何処まで許容してくれるか、
子どもは常に親を試しているんだと思う。
そしてあまりに門前払いするようでは子どもは親に心を閉ざすようになるのだ。
長女は頭がいい。3歳半にしては優秀だ。
まだ時計は読めないし、字も読めないし、ちょっと甘えん坊だが、
聞き分けが良いし、たくさんの言葉を理解して喋れるし、我慢強いところもある。

しかし非常にデリケートな心を持っている。
やたら傷つき易いから言葉は慎重に選ばなくてはならない。
昨日も自分で着られるはずのパジャマを着られないから着せてくれと言うのだ。
明らかに甘えているのだが、どう対応するのが正しいのだろうか?
タンデム自転車乗ってみたいな。
ある日、街中で若者2人が歩きながら喋っていた。
「配牌でな、白と発がトイツで~」などと聞こえたら耳ダンボですよ。
もう会話に入りたくてウズウズする。

またある日、雀荘に入ろうとしてる大学生達がいた。
テンゴかテンピンか気になるですよ。
とりあえず俺も混ぜて欲しくてウズウズする。

もうね、病気なんですよ。

鈴木シゲル

プロフィール画像を表示
頭おかしい
rss

PIYOトモ一覧

ぴよぴよワード